MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

メジナに関する記事

メジナに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
相模湾佐島沖は15分も進むと水深300mを超える急深な地形。海底は起伏に富んでいて多くの魚が生息。この時期ならではの旬の魚、梅雨イサキ、アジ、ハナダイ、カワハギなど五目釣りを楽しめるポイントが多数ある!
夏の遠征釣りがヒートアップ中の伊豆諸島海域。静岡県内からJGという限定近海許可を持っている遊漁船が行ける、もっとも遠い伊豆諸島のポイントのひとつがイナンバだ。
湘南のシンボル烏帽子岩。そのホンのちょっと沖では多彩なゲストを従えてマダイを狙うことができる。5月下旬現在良型マダイはちょっと休憩モード? といった感じだが、600g~1㎏サイズが釣れている。
大物釣り場の代名詞になっていて、沖釣り師なら一度は行ってみたい銭洲。今期も4月1日に解禁し、年末まで遊漁船で楽しめる。遊漁船では限定近海許可(JG)という国の厳しい検査を通過してその許可を得た船のみ、釣りが楽しめる海域のため、現在では数隻のみが行くことが可能。そのひとつが沼津「舵丸」だ。
関東きってのコマセダイのメッカ剣崎沖に今年も乗っ込みの季節がやってきた。 しかし、少しだけ早かったみたいだ…。
限定近海の許可船だけが遊漁で釣りを楽しむことができる大物釣りの聖地“銭洲”。これからシーズンを迎える銭洲遠征。シマアジ、マダイ、ウメイロ、アオダイ、メジナ、イサキなどの高級魚五目釣りが確実に味わえる。
ついこの間、大雪が降ったと思ったら、桜咲き、そして散り、いつの間にか汗ばむ季節となりにけり、なのだ。夏の魚、イサキの脂がのってきた。タカベもうまい。そこに意外な主役が登場。それが誰あろう、メジナ君である。刺身もうまいし、塩焼きもグー、おまけに、みそ汁がチョーグー。メジナ一尾でフルコースも悪くない。
メジナは、スズキ目・イスズミ科に分類される魚の一種。東アジアの温暖な浅海に分布する海水魚である。体は黒に青が混ざったような色をしており、人気釣り魚の一種である。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読