MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

ムツに関する記事

ムツに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
外房小湊沖のイサキが好調!浅場で、30㎝前後のイサキが多点掛けで釣れ上がり、定数50匹達成も頻繁。好調イサキに加え、フラッシャーサビキ釣りのリレーも可能なのが、小湊港の「大栄丸」だ。
3月末に60㎝超、2.4㎏の特大級を筆頭に、常連客ひとりで13匹のアカムツ爆釣をマークした稲取港の「安貞丸」。”稲取サイズ”連発&ゲストも多彩で超豪華の東伊豆 稲取沖は超オススメだ!
東京湾のタチウオとアジ。鴨居大室港「福よし丸」では前半はタチウオ、後半はアジのリレー船で出船。。タチウオは数釣りが楽しめ、アジも安定の釣果が続いている。大きめのクーラー持参で遊びに行こう。
昨年末から稲取沖でアラが爆釣中!稲取港「安貞丸」では2~3㎏が多く、2月2日には8㎏と9.2㎏を含め3人で24本!とにわかに信じ難い釣況。
神奈川県小坪港「太郎丸」では、手軽に楽しめる深場釣り!相模湾のキンメダイ五目が沸騰中!当日は終盤に4連、5連、6連を達成!今後も期待は充分だ!
潮が濁っていればクロムツ、メダイをメイン。コマセ釣りで、付けエサにはオキアミとサバの切り身。他にアジ、シロムツ、スミヤキがまじる。潮が澄んで凪ぎであれば、カイワリ、イサキ、アカイサキ、オキメバルなど。
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
クリッとした大きな目が特徴で、青物のように引きが強いメダイ。そのメダイが好漁場として知られる利島沖で好調に釣れている。
南房太海の「聡丸」はフラッシャーサビキのリレー釣りが看板だ。前半のフラッシャーサビキでは、ほぼ周年ムツをメインターゲットにし、後半は季節に合わせマルイカやオニカサゴなどを狙うが、夏場からはスルメイカが好機。このところムツ、スルメイカ共にトップ20匹以上の日も多いと聞けば、食い意地の張った釣り師としては見逃せない。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読