MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

金沢八景に関する記事

金沢八景に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
アフターコロナのある日、釣り好き女子三人が金沢八景「忠彦丸」でLTアジ釣り女子会を開催!感染防止、船上のマナーについて話を聞いた。
夏の釣り物で外せないのが東京湾のタチウオ!夏場はタナが浅くなり、アタリからのカケヒキがよりおもしろくなる!指3本幅ぐらいがアベレージだが、ドラゴ級の大型もまじる!
釣って超絶楽しく、食べても超美味しい。東京湾マゴチは今期も絶好調!梅雨が明ければ“照りゴチ”と呼ばれるマゴチのベストシーズンだ!
金沢八景「野毛屋」がトラフグ乗合を開始。舵を握る黒川健太郎船長は、経験から工夫をほどこし、誘い主体の釣りで釣果を伸ばしている。4.7㎏の大型トラフグも出現しトップ3匹。今年も東京湾トラフグは健在だ。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
東京湾ではイシモチがず〜っと好調続き!釣り方も簡単だから誰でも手軽に楽しめる!!ポイントの水深は10m台〜20m台という浅場なので超釣りやすい。
東京湾・湾フグの老舗船宿「野毛屋」では、高級魚トラフグ+浅場で手軽にショウサイフグという、かなりゼイタクな釣りを展開中!このチャンスにぜひ両狙いを楽しんでみてはいかがだろう。
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
好調継続中!東京湾奥のLTアジ。金沢八景「弁天屋」では、いい日にはトップ60匹台を記録することも!コンスタントにアタリが訪れるので、時間が経つのも忘れるほど楽しめる!
1 2 3 4 最後

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読