MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

金沢八景に関する記事

金沢八景に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
「全体的には好調ですよ。いっときのようなトップ30本から60本という釣果は落ち着きましたけど、アベレージサイズがアップして釣り応えがあると思いますね」 教えてくれたのは、金沢八景「太田屋」でルアータチウオを担当する佐野一也船長。
更新: 2018-09-28 03:25:35
昨年晩秋11月に突然フィーバーした八景沖のマダイ。4~5㎏級の大ダイが水深20mタナ10m前後の超浅場で、それこそバホバホと食ったのには驚いた。
更新: 2018-09-25 01:09:52
ほぼ周年楽しめる東京湾のショウサイフグ釣り、いわゆる「湾フグ」だが、とくに人気が高いのは初夏と秋のシーズン。初夏には産卵で浅場に集まる良型、秋には当歳魚などの中、小型主体に群れが固まり数釣りができる季節だ。
更新: 2018-09-05 00:57:39
早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。
更新: 2018-08-27 01:04:15
東京湾金沢八景沖のイシモチが秋風とともに急上昇。この釣りを金看板に掲げる金沢八景「小柴丸」では9月に入り本格的に乗合いを開始し、連日トップ50~60匹と絶好調だ。
更新: 2018-08-27 01:04:11
小柴のシャコに小柴のアナゴ。釣りをやらない人でも寿司好きテンプラ好きなら聞き馴染みがあるであろう小柴沖は、旨い魚を育む好漁場でここで獲れるマダコも絶品との誉れが高い。毎年7月に解禁となる小柴沖のマダコ、金沢八景の「小柴丸」が乗合を開始したと聞き釣行した。
更新: 2018-08-24 01:08:45
ショウサイフグの凄まじい爆釣だった。大貫沖で群れを探していた金沢八景「野毛屋」の黒川健太郎船長から「これは絶対にすぐ食うよ」のアナウンスが出る。。沖揚がりまでフグの食いは衰えず、トップは120匹、2番手112匹と束越えの釣果となった。
更新: 2018-08-23 01:06:16
東京湾のマゴチが〝照りゴチ〟シーズンを迎え、絶好調の釣果に湧いている。取材は7月中旬の金沢八景「一之瀬丸」。船着き場を出てものの数分の八景沖から、千葉県側の海堡周りなどを攻めた。
更新: 2018-08-20 01:03:34
竿先をガガッ! と引き込む明確なアタリ、底から離れまいとする強い引き、軟調の竿は満月に絞られ、リールを巻く手が止められる。これが小さな大物、イシモチ釣りの楽しさだ。
更新: 2018-08-01 00:57:16
金沢八景「小柴丸」の、良型イシモチが好調だ。8月後半は台風の影響をもあったが、それでもトップで20匹前後。それまでは、トップが40匹前後と好釣果で推移していた。海況が整えば、また数が上昇することが見込まれる。
更新: 2018-07-13 07:14:09

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読