東京湾に関する釣り記事


タチウオ&アジ、超おもしろリレー釣り【東京湾・観音崎沖〜鴨居沖】

タチウオ&アジ、超おもしろリレー釣り【東京湾・観音崎沖〜鴨居沖】

毎年、タチウオが釣れ出すと、タチウオとアジのリレー船を出す鴨居大室港「福よし丸」。今シーズンは6月末から、このリレー船をスタート。開始してしばらくタチウオは低調な日が続いたが、観音崎沖の水深80m前後で釣れるようになった8月中旬ぐらいから安定しはじめた。


アマダイ釣り最高! 〝ビンゴ!〟の後のクンクン引きは格別【東京湾】

アマダイ釣り最高! 〝ビンゴ!〟の後のクンクン引きは格別【東京湾】

秋です。沖釣りに最高の季節がやって来た! 東京湾口の剣崎沖周辺では、アマダイがトップ5匹前後と好調に釣れている。入門にも最適なアマダイ釣り。さあ、みんなでチャレンジだ!!


引きも強くて楽しいイシモチ、血抜きをすれば極上の味【東京湾】

引きも強くて楽しいイシモチ、血抜きをすれば極上の味【東京湾】

東京湾のイシモチは、今や周年狙えるターゲット。夏場は数が落ちていたが、いよいよ秋の数釣りシーズン突入! アタリ多く、ビギナーにもオススメだ。


美味しい東京湾のアジをライトタックルで釣ろう!【東京湾】

美味しい東京湾のアジをライトタックルで釣ろう!【東京湾】

食欲の秋、スポーツの秋、そしてなんと言っても沖釣りの秋! 今回はグルメの舌をも納得させる東京湾のマアジ取材となった。いざ、釣行だっ。


秋を迎えて安定釣果、走水沖の中・大アジ【東京湾・走水沖】

秋を迎えて安定釣果、走水沖の中・大アジ【東京湾・走水沖】

向かったのは東京湾横須賀の走水港。『秋鯵』を狙っての釣行だ。ただでさえ美味で名高い走水のアジに加え、ここに来て脂がビンビンに乗ったマサバもまじり出したと聞いてのこと。食いしん坊アングラーとしては見逃せないエリア、そして時期の釣行なのである。


東京湾で秋の好シーズン! ショウサイフグ&アカメフグ【東京湾】

東京湾で秋の好シーズン! ショウサイフグ&アカメフグ【東京湾】

いまや各地で人気上昇中のフグ釣りだが、そのルーツは東京湾だ。エビエサを付けたカットウ仕掛けで丁寧に誘ってフグを寄せ、微妙なアタリを取ってアワせる東京湾のカットウ釣りはゲーム性が高く、根強い人気がある。そのフグ乗合に周年出船しているのが金沢八景の「野毛屋」だ。久しぶりの湾フグ釣り。楽しみだ!


 こんなに釣れていいかしら? マゴチ戦線異常アリ【東京湾】

こんなに釣れていいかしら? マゴチ戦線異常アリ【東京湾】

「照りゴチ」の異名を持つマゴチ。真夏をイメージするこの釣りは、夏季限定で結成される蝉の合唱団が解散される頃に旬を終える釣りものだと認識していた。だが、その認識は誤っていたのだ。


手軽に気軽にライトに数釣り! 秋の美味アジ好釣です【東京湾】

手軽に気軽にライトに数釣り! 秋の美味アジ好釣です【東京湾】

手軽なライトタックルで簡単に楽しむことのできる東京湾のLTアジ。老若男女、多くの釣り人に人気の釣りだ。ほぼ周年楽しめ、比較的釣果も安定していている釣りだが、どうしたわけか今年の夏場は食い渋りが続いたが、秋の気配が色濃くなった現在の東京湾では、少し前の食い渋りがウソのように好調にアジが釣れているという。


アベレージサイズアップ中!東京湾のタチウオジギング【東京湾】

アベレージサイズアップ中!東京湾のタチウオジギング【東京湾】

食べて美味しく釣って楽しいタチウオが絶好調で、しかもアベレージサイズがよくなっている…こりゃーもう居ても立ってもいられず、矢も楯もたまらず、釣り船に乗り込んだのでありますです、ハイ。


竹岡沖のカワハギは数釣り有望、肝パンパンです【東京湾・竹岡沖】

竹岡沖のカワハギは数釣り有望、肝パンパンです【東京湾・竹岡沖】

肝もたっぷり入って、いよいよカワハギのベストシーズンがやってきた。今回取材した竹岡沖は、海底が比較的平坦な砂地メインで、所々に根が点在している。水深は10~20mと浅く、根掛かりが少ないので初心者も釣りやすいのが特徴だ。カワハギのストック量も多く、トップ40~50枚という釣果は珍しくない。


脂たっぷり激うまタチウオ、大型シーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

脂たっぷり激うまタチウオ、大型シーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

いよいよ観音崎沖の80~90mラインでタチウオが始まった。この秋から冬にかけてのタチウオ釣りの魅力は、数こそ夏の浅場の釣りには及ばないものの、なんといってもサイズがいいこと。脂がたっぷりと乗った良&大型がターゲットだ。


東京湾のタチウオは良型増えて楽しさ倍増中!【東京湾・猿島沖】

東京湾のタチウオは良型増えて楽しさ倍増中!【東京湾・猿島沖】

今シーズンの東京湾のタチウオは6月に開幕し、すでに3カ月くらいが経過しているが、タチウオにありがちなムラは少なく好調さは継続中だ。


 最新タックルで旬魚・夏タチウオを狙う!【東京湾】

最新タックルで旬魚・夏タチウオを狙う!【東京湾】

夏タチシーズン! 東京湾の浅場でタチウオの食いが上昇している。今回はタチウオ釣りの名手として知られるダイワ船フィールドテスターの高槻 慧が、最新のダイワタチウオロッドを手に出船した!


大型まじりで絶好調!! 東京湾のタチウオゲーム【東京湾】

大型まじりで絶好調!! 東京湾のタチウオゲーム【東京湾】

トップ20〜30本! 状況よければそれ以上も!! 東京湾のタチウオは好釣そのもの。家族と、友達と、カップルで、さあ、みんなで出かけよう!


観音崎沖のタチウオは大型まじりで数釣りも!【東京湾・観音崎沖】

観音崎沖のタチウオは大型まじりで数釣りも!【東京湾・観音崎沖】

神出鬼没で食いのパターンを変幻自在に変えるタチウオ! いかにタナを見つけ、また、どう食わすかのゲーム性が病み付きになると、東京湾でも大人気のターゲットだ。


手軽でゲーム性の高いタチウオ釣りを楽しもう!【東京湾】

手軽でゲーム性の高いタチウオ釣りを楽しもう!【東京湾】

東京湾の夏タチが好期を迎えている。夏場は水深10~30m前後の浅ダナに次々と群れが入ってくる。オモリ40号前後使用のライトタックルで楽しめ、小さなアタリを感じて掛けアワせるゲーム性の高い釣りが満喫できる時期だ。


四季を問わず楽しめる東京湾のショウサイフグ【東京湾】

四季を問わず楽しめる東京湾のショウサイフグ【東京湾】

ほぼ周年楽しめる東京湾のショウサイフグだが、人気が高いのは春と秋だ。春には産卵で浅場に来た良型、秋には当歳魚の群れが固まり数釣りができる。夏場はちょうど端境期になるが、10m足らずの浅場で横走りするフグの小気味良い引きを楽しもうと向かったのは、金沢八景「野毛屋」のフグ乗合だ。


夏の数釣りは終わり、秋は大型のタチウオが狙えるぞ!【東京湾】

夏の数釣りは終わり、秋は大型のタチウオが狙えるぞ!【東京湾】

夏になると開幕する東京湾のタチウオ釣りは、秋の訪れと供に徐々に深場に移り、サイズもよくなっていく。引き味、食味が増し、秋冬に楽しみな釣りものだ。新安浦港の「村上釣舟店千代吉丸」に取材に伺ったのは8月25日、気温は35度の予測で、じっとしてても汗ばむ真夏日だった。


東京湾のLTアジはレジャーフィッシングに最適だ【東京湾・八景沖】

東京湾のLTアジはレジャーフィッシングに最適だ【東京湾・八景沖】

気が付けば夏の終わりも近づき、これからは海風が気持ちいい時期。仲間や家族と一緒にレジャーフィッシングを楽しむにもいい季節だ。東京湾のLTアジは、そんなレジャーフィッシングに最適の釣りといっていいだろう。ライトなタックルで比較的浅場を狙い、釣り方もカンタン。ライトタックルは引き味もいいし、東京湾のアジは食味もいい!


アマダイはシーズン初期の釣り方で!【東京湾・剣崎〜久里浜沖】

アマダイはシーズン初期の釣り方で!【東京湾・剣崎〜久里浜沖】

アマダイというと冬の魚のイメージだが、ここ東京湾口では秋の始まりとともに開幕を迎える。この時期の剣崎周辺は潮が速くなる。その中でどうやってアマダイを食わせるかがおもしろいのだ。この時期は普段竿頭を取るような人がボウズで、初めてやった人が竿頭になることも多い。さぁ、価値ある1匹を手にしよう! シーズンはこれからだ。


ランキング


>>総合人気ランキング