東京湾に関する釣り記事


東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

「観音崎沖の水深80mぐらいで釣れるタチウオは全体的にサイズがいいですね。この場所が好きなファンは多いですよ」と、新安浦港「長谷川丸」の岩瀬正紀船長。この時期は、この観音崎沖メインに狙う。昨シーズンの春は下浦沖の深場や、猿島周りから走水沖にかけて釣れていたが、しばらくはここが主戦場となりそう。


鴨居沖のコマセメバルが2月1日に解禁だ!【東京湾・鴨居沖】

鴨居沖のコマセメバルが2月1日に解禁だ!【東京湾・鴨居沖】

釣り物が少なくなるこの時期に、逆に解禁になる魚が東京湾のメバルだ。魚体に似合わぬ瞬発的な引きは、居眠りをしていても思わず飛び起きてしまうほどだ。冬眠していた釣り人の目を覚ます「春告魚」メバル。解禁日の2月1日に神奈川県鴨居大室港の船宿「五郎丸」を取材した。


興奮のエビメバル! 東京湾にはメバルが春を連れてきた!!【東京湾】

興奮のエビメバル! 東京湾にはメバルが春を連れてきた!!【東京湾】

東京湾のエビメバル。開幕の声を聞くと春を大いに感じさせてくれる釣りだ。「長い冬もようやく終わりだ」、こんな気分にさせてくれる。とは言っても、開幕の2月はまだまだ厳冬期。ちょっぴり沖に出るのはツライ季節だけど、それをガマンしてでも行きたいのがまたこのエビメバル釣りなのである。


東京湾の冬の定番ゲーム、シーバスバーチカルジギング【東京湾】

東京湾の冬の定番ゲーム、シーバスバーチカルジギング【東京湾】

「昨年のスタート時点はいまひとつだったんですけどね。年明けからグッと調子が良くなっていますよ」とは杉村裕二船長。


絶品の久里浜マダイは小型ながら数釣り絶好調!【東京湾・久里浜沖】

絶品の久里浜マダイは小型ながら数釣り絶好調!【東京湾・久里浜沖】

久里浜沖のマダイが、サイズは1㎏前後の小型主体ながら年明けから好調に釣れている。トップ5~10枚という日が多く、なんとトップ17枚という驚異の釣果を記録した日もあったのだ。


初釣りは東京湾のビシアジでスタートだっ【東京湾・小柴沖〜猿島沖】

初釣りは東京湾のビシアジでスタートだっ【東京湾・小柴沖〜猿島沖】

東京湾のマアジは、ほぼ周年釣れ続く湾内不動の超人気ターゲット。とくに、観音崎から湾の奥部のアジは食べておいしいと評判だ。そのうまいアジを周年専門に釣らせてくれるのが、小柴港「小金丸」だ。


脂ノリノリ美味マダイが条件次第で数釣りも!【東京湾・久里浜沖】

脂ノリノリ美味マダイが条件次第で数釣りも!【東京湾・久里浜沖】

新年のスタートにふさわしいのがマダイ釣り。東京湾口の久里浜沖では12月に入ると安定して好釣果が記録されるようになり、トップ10枚以上の日もあった。


ロングランで絶好調! 誰でも良型数釣りならイシモチだ【東京湾】

ロングランで絶好調! 誰でも良型数釣りならイシモチだ【東京湾】

今回お世話になった金沢八景「新健丸」は、ほぼ一年中イシモチにターゲットを絞ったこだわり宿。前日、出船確認すると新明秀幸船長の声のトーンは高く、電話越しに絶好調ぶりが伝わってくる。「お土産は間違いないと思いますよー。昨日は子供さんにも2㎏オーバーのマダイが釣れたから写真見せますね」と期待十分の情報に明日の釣行が楽しみだ。


狙って行きます特大アジ、価値ある1匹を狙え!!【東京湾・走水沖】

狙って行きます特大アジ、価値ある1匹を狙え!!【東京湾・走水沖】

沖釣りはアジに始まりアジに終わる、と思っている私が選んだ2012年の竿納めはやっぱりアジ。正月の祝い膳にも胸を張って供することが出来る東京湾走水沖の大アジを狙って、走水港「広川丸」から出船した。


東京湾のタイラバゲームは冬の陣突入中!【東京湾】

東京湾のタイラバゲームは冬の陣突入中!【東京湾】

「いきなりゴツゴツと来ました! 重かったです!」と、息を弾ませながら答えてくれたのは、新宿区の坊内聡太くん。11月下旬、マダイ狙いに出た「フレンドシップ」船上。朝一番、ひと流し目の出来事だった。マダイは2㎏ジャスト、初挑戦での快挙だった。


お手軽釣れて、食べても美味! 東京湾のLTアジに行こう【 東京湾】

お手軽釣れて、食べても美味! 東京湾のLTアジに行こう【 東京湾】

今回の釣行は11月の飛び石連休最終日。釣りに行くには最高の日だが、残念ながら強風予報。出船そのものを取りやめた船宿が多いなかで、周りを囲まれた東京湾奥のLTアジ船は心配ご無用。多少の風ではびくともしない。前日に船宿に電話すると「午後は風が強くなりますがアジを狙うポイントは全然大丈夫ですよ!」と力強いコメント。やった!


良型タチウオと釣果安定のアジ! 東京湾の豪華リレー!!【東京湾】

良型タチウオと釣果安定のアジ! 東京湾の豪華リレー!!【東京湾】

「さむっ!」。朝、布団からなかなか出られない冬の季節となったが、この頃から脂が乗って美味しくなる魚が増えてくる。東京湾の人気ターゲット「タチウオ」と「アジ」も、それに含まれる代表的な魚。鴨居大室港「福よし丸」は、この二大人気ターゲットをリレー船で狙うことで好評な船宿だ。


東京湾のイシモチはビギナーも満足のお手軽ターゲット【東京湾】

東京湾のイシモチはビギナーも満足のお手軽ターゲット【東京湾】

ビギナーや家族連れ、グループ釣行におすすめな、お手軽な釣り物が少なくなる冬場。救世主的な存在が東京湾のイシモチだ。釣り方は簡単で釣果がほぼ確実な上、釣り場が近く比較的穏やかな海で楽しめるから船酔いが心配な方にも安心だ。


半日船で楽しむアカメフグメインのフグ乗合!【東京湾・八景沖】

半日船で楽しむアカメフグメインのフグ乗合!【東京湾・八景沖】

金沢漁港「忠彦丸」のフグ船は、午前と午後の一日二便出船する半日船だ。そのフグ船を担当する生駒剛船長は「今の(アカメ)フグは活性が高く、一番おもしろい時期です」と話す。いずれの便も釣り時間は4時間ほどだが、トップ5匹前後の日が多い。いい時にはトップ7〜8匹という日もあるのだ。


大型アカメフグ好釣! 抜群の釣り味と絶品の食味【東京湾・八景沖】

大型アカメフグ好釣! 抜群の釣り味と絶品の食味【東京湾・八景沖】

アカメフグ狙いで乗合を出船する「野毛屋」。もともとはショウサイフグにまじってポツポツ釣れていたアカメフグだが、その型のよさ、味のよさで人気は高かった。ならば、とアカメのポイント開拓を行い、専門乗合の出船を可能にしたのが、湾フグにこだわりを持ち、ほぼ周年フグ狙いで出船している「野毛屋」黒川健太郎船長だ。


キロ級主体にトップ18杯!! 東京湾のアオリイカが最盛期だ【東京湾】

キロ級主体にトップ18杯!! 東京湾のアオリイカが最盛期だ【東京湾】

秋から冬にかけてシーズンを迎える東京湾のアオリイカ。キロ級の良型が竿を止める衝撃は他の釣りでは味わえない快感だ。鴨居港の「きよし丸」はアオリイカ釣りを得意にしていて、シーズンになると毎年通っている船宿だ。今年のアオリイカの模様はどうだろうか?


サイズアップ! 冬の良型タチウオゲーム再開だ!【東京湾・走水沖】

サイズアップ! 冬の良型タチウオゲーム再開だ!【東京湾・走水沖】

「昨日は底から4〜5mまでの反応が多くてね。その少し上までゆっくりチョンチョン見せて、フォールさせるのが良かったですよ。でも、毎日パターンは変わるのでいろいろ試してくださいね」。船上にはやる気を煽る?丁寧なアナウンスが響き渡る。声の主は金沢八景「太田屋」のルアー船担当、佐野一也船長だ。


水温低下も元気いっぱい、東京湾の大型激うまアジ【東京湾】

水温低下も元気いっぱい、東京湾の大型激うまアジ【東京湾】

いや〜今年の冬は寒いですね〜。たまの休みに釣行を予定していても季節風がビュンビュンと吹くし…。でもこんな時にも出船率抜群で、釣果が安定している頼もしい味方が東京湾のアジ釣りだ。湾内だけに多少の風なら出船できるし、寒い季節でも比較的数釣りが期待できる。


誰でも釣りやすく自己記録のチャンス! 東京湾の落ちギス【東京湾】

誰でも釣りやすく自己記録のチャンス! 東京湾の落ちギス【東京湾】

この時期、比較的水温が安定する深場に固まるシロギスは、思った以上にアタリが多く型が良いことからも高い人気を誇る。


お土産高確率! 食べてもおいしい東京湾のイシモチ【東京湾】

お土産高確率! 食べてもおいしい東京湾のイシモチ【東京湾】

東京湾のイシモチが好調に釣れている。いい日にはトップ50匹を超すことも珍しくない。


ランキング


>>総合人気ランキング
フィッシングショー2018