MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

東京湾口に関する記事

東京湾口に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
6月1日、三浦半島剣崎沖のイサキ釣りが解禁した。ここのイサキのウリは、なんといってもその食味。「脂が乗って味がバツグン」と、解禁を心待ちにしているファンも多い。ジャンボサイズまじりで楽しめるぞ!
更新: 2019-06-18 12:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
東京湾口に位置する久里浜沖〜剣崎沖は、関東屈指のマダイポイントだ。剣崎沖は以前から乗っ込み期には実績のある大場所。毎年、安定した釣果が期待できる一級ポイントである。
更新: 2019-05-04 12:00:00
関東のマダイ釣りのメッカ、そして乗っ込みマダイポイントとしてもメッカと言える東京湾口剣崎沖。4月始めから乗っ込みの群れが大挙して押し寄せて来ており、連日数釣り!大型も釣れている!乗っ込み継続中だ。
更新: 2019-05-02 07:00:00
関東屈指のマダイ釣り場、東京湾口、剣崎沖も今まさに乗っ込み真っただ中。初夏を迎えると一気に水温が上がり多くの魚の活性が高くなり、食いが活発になってくる。大型まじりの数釣りに遭遇する確率も高い!
更新: 2019-04-29 12:00:00
すでに御前崎など西寄りのエリアではモンスタークラスが顔を出している乗っ込みのマダイだが、東京湾口の剣崎沖でもエンジンが掛かり出している。エサ取りが多いので、マメにエサのチェックをして釣果を伸ばそう!
更新: 2019-04-21 12:00:00
桜の咲く頃から始まるマダイの乗っ込みシーズン。産卵のため浅場へと集まり、数釣れる上、一年のなかで良型が釣れる可能性が最も高い時期だ。気持ちがソワソワとして、いてもたってもいられない釣り人も多い。
更新: 2019-04-09 12:00:00
関東屈指のマダイポイントを抱える東京湾口の剣崎沖。そろそろ乗っ込みが気になる時期だ。例年早ければ、3月後半くらいから乗っ込み気配が見え始め、4月に入ってから本格的な乗っ込みに突入する。
更新: 2019-03-16 12:00:00
毎年、本格的な乗っ込み好ポイントの剣崎沖。3月初旬時点では、乗っ込みの兆しは見られないが、年明けから、ずっと好釣果が記録されている。状況によってはイナダがアタる日もあり、ワラサやヒラマサもゲストだ!
更新: 2019-03-12 12:00:00
東京湾口にサワラが回遊。このサワラの魅力は、なんといってもその食味。アングラーからは“バター”なんていう異名で呼ばれるほど脂たっぷりだ。エサ釣りでは狙って釣れないので、釣りたければルアーで攻める!
更新: 2019-02-06 09:08:20

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読