MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

東京湾に関する記事

東京湾に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
「照りゴチ」の異名を持つマゴチ。真夏をイメージするこの釣りは、夏季限定で結成される蝉の合唱団が解散される頃に旬を終える釣りものだと認識していた。だが、その認識は誤っていたのだ。
更新: 2017-12-20 06:47:57
手軽なライトタックルで簡単に楽しむことのできる東京湾のLTアジ。老若男女、多くの釣り人に人気の釣りだ。ほぼ周年楽しめ、比較的釣果も安定していている釣りだが、どうしたわけか今年の夏場は食い渋りが続いたが、秋の気配が色濃くなった現在の東京湾では、少し前の食い渋りがウソのように好調にアジが釣れているという。
更新: 2017-12-20 06:47:57
食べて美味しく釣って楽しいタチウオが絶好調で、しかもアベレージサイズがよくなっている…こりゃーもう居ても立ってもいられず、矢も楯もたまらず、釣り船に乗り込んだのでありますです、ハイ。
更新: 2017-12-20 06:47:57
肝もたっぷり入って、いよいよカワハギのベストシーズンがやってきた。今回取材した竹岡沖は、海底が比較的平坦な砂地メインで、所々に根が点在している。水深は10~20mと浅く、根掛かりが少ないので初心者も釣りやすいのが特徴だ。カワハギのストック量も多く、トップ40~50枚という釣果は珍しくない。
更新: 2017-12-20 06:47:57
今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新安浦港「義和丸」。いよいよ観音崎沖の80~90mラインでタチウオが始まった。この秋から冬にかけてのタチウオ釣りの魅力は、数こそ夏の浅場の釣りには及ばないものの、なんといってもサイズがいいこと。脂がたっぷりと乗った良&大型がターゲットだ。
更新: 2018-12-12 05:15:32
今シーズンの東京湾のタチウオは6月に開幕し、すでに3カ月くらいが経過しているが、タチウオにありがちなムラは少なく好調さは継続中だ。
更新: 2017-12-20 06:47:57
夏タチシーズン! 東京湾の浅場でタチウオの食いが上昇している。今回はタチウオ釣りの名手として知られるダイワ船フィールドテスターの高槻 慧が、最新のダイワタチウオロッドを手に出船した!
更新: 2017-12-20 06:47:57
トップ20〜30本! 状況よければそれ以上も!! 東京湾のタチウオは好釣そのもの。家族と、友達と、カップルで、さあ、みんなで出かけよう!
更新: 2017-10-26 09:24:03
神出鬼没で食いのパターンを変幻自在に変えるタチウオ! いかにタナを見つけ、また、どう食わすかのゲーム性が病み付きになると、東京湾でも大人気のターゲットだ。
更新: 2017-12-20 06:47:57
東京湾の夏タチが好期を迎えている。夏場は水深10~30m前後の浅ダナに次々と群れが入ってくる。オモリ40号前後使用のライトタックルで楽しめ、小さなアタリを感じて掛けアワせるゲーム性の高い釣りが満喫できる時期だ。
更新: 2017-12-20 06:47:57

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読