猿島沖に関する釣り記事


初夏のグルメ派釣行にオススメ! 旬のアジ釣り(猿島沖・義和丸)

初夏のグルメ派釣行にオススメ! 旬のアジ釣り(猿島沖・義和丸)

昨年来ずぅーっと好調続きだった東京湾猿島沖のアジだが、3月に入ってペースダウン。ほぼ周年猿島沖を狙う新安浦港の「義和丸」でも、他エリアでの釣りを余儀なくされていた。ようやく4月中旬になって復活の兆しが出始め、猿島沖の30m前後の浅場で食い出したと聞き釣行した。


浅場で数釣りが楽しめる東京湾のシロギス【東京湾・猿島沖〜小柴沖】

浅場で数釣りが楽しめる東京湾のシロギス【東京湾・猿島沖〜小柴沖】

シロギスは、これからとくに美味しいシーズンに入る。これは見逃せないと向かったのは金沢八景「弁天屋」さん。取材当日は晴れていて、これぞ釣り日和って感じの穏やかな朝を迎えた。


夏ビシアジ絶好調、ここなら数釣れる!【東京湾・猿島沖〜久里浜沖】

夏ビシアジ絶好調、ここなら数釣れる!【東京湾・猿島沖〜久里浜沖】

東京湾内のマアジがいま絶好調だ。各船宿のホームページを見れば、数釣れているのが一目瞭然。まさに今年はマアジ当たり年。マアジは初夏から夏に産卵期を迎えるので、いまが旬。当たり年に加え乗っ込み期が重なるので、確実釣果も〝お約束〟である。


好調続きの東京湾のマアジ、半日船で楽しめる【東京湾・猿島沖周辺】

好調続きの東京湾のマアジ、半日船で楽しめる【東京湾・猿島沖周辺】

ゴールデンウイークの釣行にオススメの釣りとして紹介するのが、新安浦港出船の猿島沖周辺を狙うアジ。猿島沖のアジは、早春の時期から好調が続いている。「絶好調のピークは過ぎたと思います」と、今回取材した新安浦「長谷川丸」の岩瀬正紀船長は言うが、それでも半日でトップ50匹前後の日が続き、時にはトップ60匹以上の日もあるのだ。


手軽でおいしい! 走水~猿島沖のマアジ【東京湾・走水〜猿島沖】

手軽でおいしい! 走水~猿島沖のマアジ【東京湾・走水〜猿島沖】

知名度が高く、身近な存在のマアジ。お手軽でありながら、やり込んでいくほどに奥は深く、ビギナーからベテランまで幅広い層に楽しまれているターゲット。そのアジ独特の小気味良い引きを楽しもうと3月11日に走水港「政信丸」へと釣行に出た。


猿島沖のメバル、まさに春を告げる好釣スタート!【東京湾・猿島沖】

猿島沖のメバル、まさに春を告げる好釣スタート!【東京湾・猿島沖】

3月になると猿島周りのメバル釣りが解禁となる。このメバルを魚皮サビキと呼ばれる独特の仕掛けで狙うのが地元新安浦港の釣り船だ。


東京湾猿島沖のサビキメバル開幕好調だっ!【東京湾・猿島沖】

東京湾猿島沖のサビキメバル開幕好調だっ!【東京湾・猿島沖】

3月1日に開幕した猿島沖のメバルが抜群の魚影の濃さをみせている。新安浦港の「義和丸」では、初日にトップ62匹、定休日を挟んで3日めはトップ66匹と、半日釣りでこの数はまさに絶好調の釣れっぷりだ。


猿島沖のアジ、数釣りできて食味も最高!【東京湾・猿島沖】

猿島沖のアジ、数釣りできて食味も最高!【東京湾・猿島沖】

新安浦港から出てすぐの猿島は、周年に渡ってアジが釣れる好ポイントだ。釣り物が少ない真冬の時期でも、穏やかな海で手軽にアジ釣りが楽しめることで人気が高い。猿島周りのアジを狙って半日船を出している村上釣舟店に伺った。


東京湾のタチウオは良型増えて楽しさ倍増中!【東京湾・猿島沖】

東京湾のタチウオは良型増えて楽しさ倍増中!【東京湾・猿島沖】

今シーズンの東京湾のタチウオは6月に開幕し、すでに3カ月くらいが経過しているが、タチウオにありがちなムラは少なく好調さは継続中だ。


ランキング


>>総合人気ランキング