スルメイカに関する釣り記事


外房・勝浦沖のスルメイカ&五目釣りを楽しもう!(勝丸)

外房・勝浦沖のスルメイカ&五目釣りを楽しもう!(勝丸)

朝方にフラッシャーサビキでサバ、アジを釣り、十分なお土産になったところでイカ釣りにチェンジするのは、勝浦地区ではお馴染みのリレー釣りだ。そしてイカ釣りに満足したら、根魚も狙える。クーラーには多彩なお土産が入るのがこの釣りの魅力だろう。


連日好調で大型乗り乗り! 真夏のスルメイカを釣る!(南房・信栄丸)

連日好調で大型乗り乗り! 真夏のスルメイカを釣る!(南房・信栄丸)

南房・白浜沖のスルメイカが今シーズンも好調だ。このエリアは水深150〜200m程度のゆるやかな根が広大に広がり、スルメイカの一大漁場となっている。群れが広範囲に出ることが多く、一度投入したら、何度も何度も繰り返し乗せることができる「流しっぱなし」の釣りが楽しめる。


多点掛けは狙って乗せろ! 真夏の激釣れスルメイカ(南房・信栄丸)

多点掛けは狙って乗せろ! 真夏の激釣れスルメイカ(南房・信栄丸)

いよいよ真夏のスルメイカ戦線に突入した。シーズン初期のイカはサイズが小さく、潮は濁り気味で、比較的どんなツノでも簡単に乗ってきたが、これからの時期はそう簡単にはいかない。


相模湾・江の島沖のスルメイカの仕掛け&釣り方を解説!(島きち丸)

相模湾・江の島沖のスルメイカの仕掛け&釣り方を解説!(島きち丸)

夏のイカといえば、このスルメ。今回取材した片瀬港「島きち丸」では、多少のムラはあるもののトップが束近い釣果を出す日もあるなど好調だ。6月上旬の取材では、イカのサイズはムギまたはそれよりひと回り程度大きなニセイカと呼ばれるものが中心。


早朝出船で帰りも楽々! 勝浦沖のFサビキ&スルメイカ(勝丸)

早朝出船で帰りも楽々! 勝浦沖のFサビキ&スルメイカ(勝丸)

夏の風物詩・スルメイカが外房エリアでも好調な乗りを見せ始めている。今回お世話になった、勝浦港「勝丸」では、早朝はフラッシャーサビキでアジ、サバ主体のお土産釣りを楽しませてくれる。


開幕ダッシュを決めたスルメイカの仕掛け&釣り方をご紹介(幸栄丸)

開幕ダッシュを決めたスルメイカの仕掛け&釣り方をご紹介(幸栄丸)

今年も鹿島にアツい夏を告げる釣りモノがやってきた。汗を流しながらの釣りも夏の釣りだが、夕方からの涼しい風を浴びながら釣るのもこの時期ならではだ。そんなことも楽しめるムギイカ&スルメイカが、鹿島灘に入ってきたのだ。


暑い夏にオススメ! フラッシャーサビキ五目&スルメイカ(聡丸)

暑い夏にオススメ! フラッシャーサビキ五目&スルメイカ(聡丸)

そろそろ梅雨も終わって夏本番! 暑さも本格的になってくる季節だが、そんなときにオススメの釣りがある。太海港「聡丸」が出船しているフラッシャーサビキ五目・スルメイカリレー乗合がそれ。早朝と言うよりむしろ深夜と言うべき、午前2時半から3時頃に集合(要確認)して出船。


茨城・那珂湊沖のスルメイカ”最速”束釣りを目指せ!(かもめ丸)

茨城・那珂湊沖のスルメイカ”最速”束釣りを目指せ!(かもめ丸)

常磐の夜スルメイカがようやく開幕した。年によっては、8月はもうスルメが終了してムラサキイカに移行するが、ここ最近はかなりシーズンが後にずれ込んでいる。


南房・白浜沖のスルメイカの釣り方&仕掛けご紹介します(早川丸)

南房・白浜沖のスルメイカの釣り方&仕掛けご紹介します(早川丸)

梅雨も明けて一気に真夏モード全開だ! そんな真夏に釣りたいのはやっぱりスルメイカだ。今シーズンは大型が各地で乗り乗り! 日中釣り、夜釣りとズンズン乗せまくろう!


夏の新潟でマダイ&スルメイカを楽しもう!(第一・第五なかくに丸)

夏の新潟でマダイ&スルメイカを楽しもう!(第一・第五なかくに丸)

中越エリアでもマダイは乗っ込み中だ。寺泊港「なかくに丸」では、日中午前と午後便の2便制でこの乗っ込みマダイをコマセ釣りで狙っている。


クロムツ&スルメイカが好調な鴨川沖のFサビキ五目(聡丸)

クロムツ&スルメイカが好調な鴨川沖のFサビキ五目(聡丸)

夏場は出船時間が早くなることが多いが、鴨川・太海港「聡丸」の出船時間はなんとなんとの2時30分である。早朝というより深夜というべきか。6月末だったが当然真っ暗である。そして、9時ごろには帰港しているのだ。都心に自宅がある場合、11時前には帰宅可能なのである。


ツマミには欠かせない食材! 夏のスルメイカを釣る!(千鯛丸)

ツマミには欠かせない食材! 夏のスルメイカを釣る!(千鯛丸)

今年の南房総エリアのスルメイカは、6月から好釣果が安定して続いている。多くの船がトップ50杯以上を記録する日が続き、束釣りをする船も珍しくない。もちろん、船酔いをしない限りは、オデコになる確率も低く、お土産も堅い。


初夏の相模湾東部ムギイカ好調! マルイカもまじる(春盛丸)

初夏の相模湾東部ムギイカ好調! マルイカもまじる(春盛丸)

相模湾東部では5月に入るとムギイカが好調に数釣れ出した。いい日にはトップ60杯を超えることも! そして日が経つにつれてスルメサイズもまじるようになってきた。


スルメイカ多点掛けが醍醐味! 仕掛けから釣り方まで(春盛丸)

スルメイカ多点掛けが醍醐味! 仕掛けから釣り方まで(春盛丸)

夏を代表的するスルメイカ。相模湾では、これから本格シーズンに突入する。6月後半の時点では、相模湾東部では、長井沖がまずまずの好調ぶり。トップ40杯以上を記録する日も珍しくない。釣れているサイズはムギイカを1、2回り大きくしたニセイカサイズが主体となっている。


この時期のスルメイカはタナを広く探って迎撃!(春盛丸)

この時期のスルメイカはタナを広く探って迎撃!(春盛丸)

浅場のムギイカが好調な相模湾で、スルメイカの状況が上がってきた。ってことで、さっそく関東屈伸のイカ釣り船の基地・三浦半島の西側に位置する長井港へ出陣。様子を伺ってきた。


夜スルメイカ&昼乗っ込みマダイ当たり年!(第一・第五なかくに丸)

夜スルメイカ&昼乗っ込みマダイ当たり年!(第一・第五なかくに丸)

新潟県中越の遊漁船の基地、寺泊。6月7月は、落水沖の魚礁周りで乗っ込みマダイが本格化する時期。同時に寺泊沖の夜釣りのスルメイカが開幕している。


寺泊沖のマダイ、夜ムギイカ&スルメイカ開幕(第一・第五なかくに丸)

寺泊沖のマダイ、夜ムギイカ&スルメイカ開幕(第一・第五なかくに丸)

5月1日から解禁の寺泊地域のコマセマダイがやっと好調となってきた。 一方、5月の下旬から寺泊では夜のスルメ便が出ている。パラシュートアンカーを用いた大流しの釣りで非常に人気が高い釣りものである。


多点掛けでスルメイカ爆釣ラッシュを狙え!【東京湾・金谷〜富浦沖】

多点掛けでスルメイカ爆釣ラッシュを狙え!【東京湾・金谷〜富浦沖】

東京湾のスルメイカも、相模湾同様にムギイカをスルーして、いきなり中型サイズでスタートした。これはおそらくムギイカサイズがいなかったというわけではなく、ヤリイカがロングランで釣れていたこともあるのだろう。そのぶん、狙うのが遅くなったというわけだ。


相模湾のスルメイカ、やっとスタート!【相模湾・真鶴〜小田原南沖】

相模湾のスルメイカ、やっとスタート!【相模湾・真鶴〜小田原南沖】

例年、連休前後になると相模湾西部ではムギイカが始まるが、今年はムギイカを通り越していきなりスルメイカ釣りが始まった。


ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

茨城〜房総エリアではヤリイカが数釣れ始めた。一方、相模湾ではヤリイカとスルメイカが釣れているが、状況によって釣れるイカの割合が大きく変わっている。どちらのイカが多く釣れるにせよ、模様が良くなってきている。そこでヤリイカ&スルメイカを狙って釣行してきた。


ランキング


>>総合人気ランキング