MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

茨城に関する記事

茨城に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
鹿島沖のワラサが好調だ。しかも今期のワラサは丸々と太っている個体が多く、腹周りの身は真っ白で、大変美味。巻きさえ合えば、ビギナーでも連続ヒットあり!鹿島沖のワラサは群れも多いので、今後も期待だ!
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
鹿島沖のヒラメが絶好調!数はもちろん、大判の「座布団ヒラメ」も出現中!釣行日前半は、毎回の流しのたびに船中で連発ヒラメフィーバー。トップは7枚まで一気に数を伸ばし、平均5枚の爆釣ぶり。
常磐沖・大根で青物ジギングが絶好調!ターゲットはヒラマサ、ワラサ・ブリ(イナダ)、サワラ、カンパチ。まさに青物勢揃い!波崎港「征海丸」では昨年12月は10㎏を超す大物が何本も取り込まれた。
12月から茨城海域は生きイワシエサによるヒラメ釣りが県内全面解禁!ポイントの状況と船の流し方&イワシ回遊のパターンのを理解して、鹿島沖の美味ヒラメを楽しんでもらいたい。
ひとつテンヤでマダイを狙うなら、大型マダイの気配が濃厚な茨城海域・鹿島沖だ。12月中旬の鹿島新港「第五悌栄丸」では、午前船で4.8kgと2.8kg、午後船では6.7kgと5.1kgという大型、良型が取り込まれた。
ひとつテンヤでマダイを狙うなら、茨城海域の会瀬沖が熱い。この冬は水温が高く、好シーズンが続いている。初釣りはテンヤマダイという人には会瀬沖がオススメ。1月中も大ダイ狙いでまだまだイケそうだ!
茨城・鹿島港「幸栄丸」のルアー船では、丸々と太ったワラサを中心に狙っている。サイズは6㎏オーバーも珍しくはなく、正にブリ級!この大ワラサを狙うなら、とにもかくにもスグの釣行がオススメだ。
港の南北に有力なメヌケ釣り場を有する鹿島新港「桜井丸」。当日はハードコンディションの中、3㎏の良型を引っ張り出した。大型提灯行列が期待大の、トップシーズンに向け、鹿島北沖の今後に注目したい。
12月の全面解禁でチャンス拡大!茨城県鹿島沖のヒラメ!鹿島港「植田丸」ではLT専門乗合で出船し、絶好調!0.5~2㎏クラス主体に3~4㎏級まじりでトップ2桁釣果の好釣果が続いている。
1 2 3 4 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読