MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

茨城に関する記事

茨城に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
「春告魚」の代名詞がメバル。クロメバルも面白いが、市場でもお馴染みのオキメバルは数釣りが楽しめる。「弁天丸」では型の良いウスメバルが釣れると聞き、張り切って仕掛けを作り、満を持して日立へ釣行した。
更新: 2019-04-09 07:00:00
エントリークラスでも大ダイのチャンスがある〝ひとつテンヤマダイ〟。春は、乗っ込み期(産卵で浅場に入る)となり、各地でビッグワンが良いペースで浮上するが、ここ日立久慈沖でも、その傾向は強くなる。
更新: 2019-04-05 07:00:00
タックルは通常のブランコ仕掛け、直結ともに1.7〜2m程度のヤリイカ専用竿に小型電動リール。道糸はPE4号を300m以上。仕掛けはプラヅノ11㎝をブランコの場合は5〜8本程度。直結で慣れた人は10本程度。慣れない人は5本くらいで。
更新: 2019-03-30 12:00:00
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
年明けに始まった鹿島沖のヤリイカ釣り。高水温の影響でどこのエリアも小ぶりで不調のなか、身厚の大型ばかり釣れることで、一躍鹿島沖が注目されている。ノーマルタックルはオモリ120号。11cmブラヅノサビキで。
更新: 2019-03-18 07:00:00
でかい! 浅い! ひっぱる! と三拍子揃ったヤリイカ釣りが楽しめるのが春の鹿島沖。水深60m前後の浅場で、胴長40㎝オーバーのヤリイカがドスンと乗ってくる快感を一度味わったら、きっとやみつきになるはずだ。
更新: 2019-03-13 12:00:00
メヌケ仕掛けで高確率に狙うには「仁徳丸」船長お勧めの「夜光ベイト併用」が近道。ただし、カラスザメも多くなる。LTアブラボウズ釣りで絶大な信頼&実績を有する「フジッシャー毛鈎ムツ20号/濃紫」もおすすめ。
更新: 2019-02-19 12:00:00
1 2 3 4 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読