沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

茨城に関する釣り記事


茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

関東最北端の港、茨城県平潟港に今年もやってきたマダラの季節。9月1日、今や多くの深場釣り師の間で常識となった「マダラは夏は身肉、晩秋以降は白子が魅力」を知らしめた「第十五隆栄丸」の鈴木和次船長.


関東ブレイク間近⁉︎ ケンサキイカメタルスッテゲーム(幸栄丸)

関東ブレイク間近⁉︎ ケンサキイカメタルスッテゲーム(幸栄丸)

メタルスッテの条件はタナの水深が100m以浅であること。できれば、タナは浅いほどよい。軽いメタルスッテ、極細PE使用のライトタックルだからだ。さらにいうと西日本のデータからは、ケンサキイカにはかなり有効な釣法であることが分かっている。


目指せ10kg! ボトム狙いでイージーに大ダイをGET!(大貫丸)

目指せ10kg! ボトム狙いでイージーに大ダイをGET!(大貫丸)

秋の日立沖は大型マダイのチャンスいっぱいだ。「夏の終わりごろ、シラスやイワシなどの小魚を追って10mぐらいの浅場に入ってきた大型マダイが、秋になって少しずつ深場に落ちていき、30~40m前後で落ち着きます。そこで、タイが荒食いすると大ダイが連発することが多いんです」と、そう話すのは日立久慈港「大貫丸」の大貫翔平船長。


チャンスタイムを逃すな! 大型アカムツの仕掛けをご紹介(明進丸)

チャンスタイムを逃すな! 大型アカムツの仕掛けをご紹介(明進丸)

タックルはノーマル、ライトどちらでもOKだ。ノーマルの場合はオモリは120号、ライトはオモリ80~100号だ。ノーマルの場合は、2m前後のアカムツ竿、ビシアジ竿、中深場竿等を使用する。リールは小型電動でPEは3号が標準。


アカムツ名人から学ぶ! 絶品アカムツの仕掛け(波崎・信栄丸)

アカムツ名人から学ぶ! 絶品アカムツの仕掛け(波崎・信栄丸)

不動のエース三沢氏のアカムツ仕掛けはいたってシンプル。ハリスのアピールアイテムはマシュマロボールLサイズを1ヶ付けるのみ。ハリは太字ムツ18号を使用。 中オモリは10号を必ず付けるのが、彼の仕掛けの特徴のひとつだ。


日立沖のルアーゲーム! 今後はジギングがおもしろい!(日立丸)

日立沖のルアーゲーム! 今後はジギングがおもしろい!(日立丸)

2014年8月、108㎏というクロマグロがキャッチされ、一躍注目を集めた茨城・日立港の「日立丸」。その後も50㎏のキハダや170㎏のカジキなど、超大物が次々と釣り上げられた。だが「日立丸」では、実はそんな超大物に遭遇することは珍しいことではない。毎年のことなのだ。


獲れるかどうかはアナタ次第! ひとつテンヤマダイ(第五悌栄丸)

獲れるかどうかはアナタ次第! ひとつテンヤマダイ(第五悌栄丸)

「超大型のマダイがこんなに釣れる場所もそうないと思いますよ。本当にいいポイントです。ただし、今年はデカイのはバラシが多いですね」と、鹿島新港「第五悌栄丸」の久保聡史船長は言う。


白子タップリの大型が待っている! 平潟沖のマダラ(第十五隆栄丸)

白子タップリの大型が待っている! 平潟沖のマダラ(第十五隆栄丸)

ガタガタ! ギュンギュン! 深場釣りの中でも、派手なアタリと強烈な引きが楽しめるマダラ。加えてこれからの時期は白子の食味もたまらない! そのマダラが北茨城、平潟沖で好調に釣れている。


アカムツファン垂涎のエリア! 日立久慈沖のアカムツ(モンロー号)

アカムツファン垂涎のエリア! 日立久慈沖のアカムツ(モンロー号)

茨城のアカムツというと真っ先に思い浮かべるのは、現在絶好調が続いている波崎沖だろう。だけど今、ファンの間で密かに、そして熱い注目を浴びているのが、日立久慈港出船、「モンロー号」のアカムツだ。


10kg前後キメジ大回遊!トップ&ジギングで狙い撃て!(波崎・信栄丸)

10kg前後キメジ大回遊!トップ&ジギングで狙い撃て!(波崎・信栄丸)

シルバーウイーク前から波崎沖でキハダやキメジの回遊情報が飛び交っていた。すこぶる沖での回遊かと思いきや、なんと利根川河口沖7〜10マイル沖でイワシを捕食しているというのだ。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


好反応続き視界良好! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

好反応続き視界良好! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

茨城・鹿島沖のひとつテンヤマダイが秋シーズンに突入した。「今年はお盆過ぎあたりから食いだしました。キロ前後主体ですが2㎏前後まじりで順調に食っていますよ」と、鹿島港「義心丸」の大森誠船長は言う。


目指すは40cm級のジャンボサイズ! 鹿島沖のショウサイフグ(豊丸)

目指すは40cm級のジャンボサイズ! 鹿島沖のショウサイフグ(豊丸)

周年狙え、すっかり人気の釣り物になった常磐のショウサイフグ。特に手軽な道具で釣ることができ、ジャンボサイズが多くまじるのが鹿島沖の特徴だ。今回は夏フグシーズンに突入した鹿島港の「豊丸」へとお邪魔した。


波崎沖カンネコ根で釣る! 良型アカムツフィーバー中(仁徳丸)

波崎沖カンネコ根で釣る! 良型アカムツフィーバー中(仁徳丸)

7月から開幕した波崎沖カンネコ根のアカムツ釣り。例年、9月10月がハイシーズン。今期も絶好調だ。


しっかりアワせて大ダイを手に! 鹿島沖ひとつテンヤマダイ(植田丸)

しっかりアワせて大ダイを手に! 鹿島沖ひとつテンヤマダイ(植田丸)

ほぼ周年ひとつテンヤマダイ釣りが楽しめる鹿島沖。夏真っ盛りの今もコンスタントにマダイが釣れている。その鹿島沖に出船し続けているのが鹿島港「植田丸」。「例年、真夏の暑い時期はいっときマダイの食いがやや落ちて渋くなるんですが、今年はまずまず。日ムラはありますが、食う日はトップ10枚以上ということもありますよ」とのこと。


チャンスは誰にでもアリ! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

チャンスは誰にでもアリ! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

茨城・鹿島沖のひとつテンヤマダイが秋の好シーズンに入り、連日大型がヒットして大きな盛り上がりを見せている。


激うまアカムツ最盛期! 今期のコツは静かに誘う(ひろの丸)

激うまアカムツ最盛期! 今期のコツは静かに誘う(ひろの丸)

激うま高級魚として知られるアカムツが手軽に釣れる波崎沖カンネコ根。最盛期は10月だ。


日立に大ダイの季節がやってきた! これからがアツイ!(大貫丸)

日立に大ダイの季節がやってきた! これからがアツイ!(大貫丸)

茨城・日立沖のひとつテンヤマダイのもっともアツいシーズンは、8月下旬からだ。この時期から連日のように5㎏オーバーが出るなど、とにかく大型が食うチャンスが高いのだ。


鹿島沖のマダイ、ドカン!と大型の期待十分だ!(第五悌栄丸)

鹿島沖のマダイ、ドカン!と大型の期待十分だ!(第五悌栄丸)

秋の好シーズンに突入した鹿島沖のひとつテンヤマダイ。鹿島新港「第五悌栄丸」では、6㎏オーバーの大型含みでトップ2桁釣果の日もあるほど。「秋は数、型ともに期待できる季節です。6月、7月は産卵の前後で食いが落ちるんですが、それが8月ごろから上向いて、秋になると活発にエサを追うようになります」。と「第五悌栄丸」久保治彦船長。


40cm級大型アカムツ浮上中! これが最盛期の証明だ!(波崎・信栄丸)

40cm級大型アカムツ浮上中! これが最盛期の証明だ!(波崎・信栄丸)

波崎沖約9マイル沖に広がる水深100〜150mの岩礁帯が“カンネコ根”だ。周囲は起伏が少ないなだらかな砂泥帯で、毎年9月10月にアカムツが産卵のためにこの根周辺に集結するピークを迎える。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読