沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

茨城に関する釣り情報


誰でもカットウフグ簡単入門! ショウサイフグの釣り方解説(豊丸)

誰でもカットウフグ簡単入門! ショウサイフグの釣り方解説(豊丸)

鹿島沖のショウサイフグが依然好調を維持している。寒い冬といったら鍋。身体じゅうが暖まり、家族だんらんで楽しく味わうことができる鍋のネタには最高の食材だ。「鹿島北沖のフグを狙ってます。フグの反応を見つけて釣るからね。底に仕掛けを落としたらすぐアタリが出るから、軽くシャクるだけで掛かるよ」とは、鹿島「豊丸」の出頭豊一船長。


釣れ過ぎ注意報⁉︎ 今後大判サイズの期待も…鹿島沖ヒラメ(山千丸)

釣れ過ぎ注意報⁉︎ 今後大判サイズの期待も…鹿島沖ヒラメ(山千丸)

昨シーズン釣れ過ぎ注意報? に沸いた鹿島沖のヒラメ。今期も爆釣ぶりは変わらず、12月1日からは釣り場も全面解禁となって、まさにとどまるところを知らない勢いだ。


全面解禁で、ますます盛り上がる”横流しヒラメ釣り”(庄栄丸)

全面解禁で、ますます盛り上がる”横流しヒラメ釣り”(庄栄丸)

12月1日、茨城海域のヒラメ釣りが全面解禁した。一足早く、鹿島から神栖沖が11月1日に部分解禁。今期も昨年同様絶好調開幕。つ抜けも珍しくなく、ヒラメパラダイスを誰もが味わえる状況だった。


部分解禁以上のスパーク必至! 生きイワシで爆釣ヒラメ(大春丸)

部分解禁以上のスパーク必至! 生きイワシで爆釣ヒラメ(大春丸)

11月1日の部分解禁からスタートした茨城海域のヒラメ釣り。今期も例年通りの好発進を見せ、各船、規定となるツ抜(10枚)けのオンパレードを記録し、現在もその勢いをキープしている。


大型が竿を満月にしならせる! ヒラメ釣り全面解禁!(大久丸)

大型が竿を満月にしならせる! ヒラメ釣り全面解禁!(大久丸)

12月1日、茨城海域のヒラメ釣りが全面解禁した。当日はあいにくの雨模様であったが、海上は凪ぎ。朝いちから次々に竿が満月になった。


基本をしっかり押さえて大ダイをGETしよう! テンヤマダイ(直重丸)

基本をしっかり押さえて大ダイをGETしよう! テンヤマダイ(直重丸)

タックルは標準的なひとつテンヤ用でOK。竿はひとつテンヤ専用ロッド。2~12号のテンヤに対応できるもので、長さは2.1~2.7m。リールは小型スピニング。


釣果の差は小突き方にあり! 鹿島沖・餌木タコタックル(幸栄丸)

釣果の差は小突き方にあり! 鹿島沖・餌木タコタックル(幸栄丸)

乗合船でブレイクした餌木タコ釣り。フグ船なのにほぼ全員タコ釣りをしていたというほどのタコの人気ぶりだった。さて、今期はというと、鹿島「幸栄丸」では、われ先にと10月20日に試し釣りを開始。その釣れっぷりに火がつき、連日多くのタコファンが鹿島港へ押し寄せている。


横流し釣りがメイン! 鹿島沖のヒラメ攻略術を公開(大久丸)

横流し釣りがメイン! 鹿島沖のヒラメ攻略術を公開(大久丸)

ロッドはヒラメ専用。2~2.7mでオモリ負荷120号まで背負えるもの。長さは好みでよいが、横流し釣りで120号の重さと船に流れによる潮の抵抗に耐えうるものが必要だ。なかなかヒラメ釣りで100号オモリ設定のものはないが、通常のヒラメ専用で十分対応可能だ。


今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

「仕掛けはやっぱり宿のものが一番」と、口癖のようにこの言葉をもらす「大久丸」の常連さんたち。その仕掛けとは、ハリスの全長76㎝、捨て糸45㎝といういたってシンプルなもの。孫バリはシングルフックだ。


今期もヒラメラッシュ確定! 爆釣必至のヒラメ釣り(三栄丸)

今期もヒラメラッシュ確定! 爆釣必至のヒラメ釣り(三栄丸)

「今期のヒラメも絶好調だよ。部分解禁した11月1日から船を出しているけど、出船すれば2ケタ釣果のお客さんが何人か必ず出るし、ボウズもナシ。この分で行けば12月1日の全面解禁直後も安泰。爆釣必至だと思うよ」と、近況から見通しまでを端的に語ってくれたのは、11月中旬に取材で訪れた波崎港「三栄丸」の木村卓三船長だ。


魚影の濃さはケタ外れ! テンヤマダイ仕掛けと攻略法(大さん弘漁丸)

魚影の濃さはケタ外れ! テンヤマダイ仕掛けと攻略法(大さん弘漁丸)

タックルは、一般的なテンヤマダイ専用ロッドに軽量中型スピニングリールをセットするスタイルでOK。道糸にPE0.8〜1号を巻いて挑もう。使用テンヤは、3〜8号が中心となるので多目に持参すること。当地は岩礁地を攻めるのでハリ先が痛みがち。替えバリの用意も忘れずに。


部分解禁日は怒涛のヒラメラッシュ! 全面解禁が楽しみだ(清栄丸)

部分解禁日は怒涛のヒラメラッシュ! 全面解禁が楽しみだ(清栄丸)

茨城海域でも、いよいよヒラメ釣りが部分解禁した。11月1日の部分解禁日に鹿島「清栄丸」を取材した。実釣スタート直後の状況は、まさに「怒涛のラッシュ!」だった。仲乗りさんを二人にしての出船だったが、二人でもタモ取りが間に合わないほどの爆釣だった。


こだわり船長のもと、解禁爆釣を体感! ヒラメ仕掛け(浜茄子丸)

こだわり船長のもと、解禁爆釣を体感! ヒラメ仕掛け(浜茄子丸)

茨城海域のヒラメ釣りは、外房大原沖と同じく、ほぼ横流しスタイルをとっている。広範囲にヒラメがいる漁場の良さと、釣りの効率の良さが期待できるからだ。しかし、この釣りの意味を理解していないと、効率のよい釣り方でも釣れない釣りに陥る可能性がある。


シーズン終盤! ラストルビー”アカムツ”を狙え!(桜井丸)

シーズン終盤! ラストルビー”アカムツ”を狙え!(桜井丸)

三連休で唯一の好天&凪に恵まれた9月23日、鹿島新港「桜井丸」のアカムツ船の乗合客は14名。片舷7名は決して少ない人数ではないが、6月に就航した20tの「第27桜井丸」の広々とした釣り座なら余裕の広々、ノープロブレム。


茨城・鹿島新港ヒラメ解禁から好調! 2ケタ釣果も…(桜井丸)

茨城・鹿島新港ヒラメ解禁から好調! 2ケタ釣果も…(桜井丸)

11月1日、茨城県南部のヒラメ釣りが部分解禁した。解禁直後は数釣りのチャンスということを釣り人はよく知っている。どの船も満船に近い盛況だが、それでもボウズなしの釣果が連続するほどの魚影の濃さだ。


秋のマダイ大型釣れてます! 狙いは5kg!いやいや10kg⁉︎(義心丸)

秋のマダイ大型釣れてます! 狙いは5kg!いやいや10kg⁉︎(義心丸)

鹿島沖のひとつテンヤマダイが激アツだ! 秋のマダイシーズンに突入するや5㎏オーバーの大ダイが連発している。秋のマダイというと小型の数釣りのイメージだが、「ここ数年鹿島沖の秋は、数はそれほどでもないけど大ダイが狙えるシーズンになってますねー」とひとつテンヤマダイを大得意とする鹿島港「義心丸」の大森 誠船長。


部分解禁スタートダッシュ! 今期のヒラメも調子がいいぞ(庄栄丸)

部分解禁スタートダッシュ! 今期のヒラメも調子がいいぞ(庄栄丸)

11月1日に茨城の神栖沖から鹿島沖のヒラメ釣りが解禁した。当日、風はなく潮もほとんど流れずの状態でスタート。横流し釣りが主流であるこの海域では、風も潮の流れもないと打つ手がないが、実績ポイントに生きのよいマイワシエサを投下すると、釣り人の竿が次々と曲がっていった。


サイズGOODで重量感最高! ショウサイフグの仕掛け(第十八不動丸)

サイズGOODで重量感最高! ショウサイフグの仕掛け(第十八不動丸)

タックルは、外房や鹿島用のショウサイフグ竿、カワハギ竿、マルイカ竿などを使用する。長さは1.5~1.8mほど。アタリを取っていくので穂先感度がいいものがおすすめだ。リールは小型両軸リールにPE2号程度を巻いておく。仕掛けがからんだときにトラブルが少なくなるように、リーダーをつけておくと安心だ。


横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

茨城海域のヒラメ釣りが11月1日に解禁した。とはいうものの、解禁されたのは北緯36度00分から北緯35度52分の一部のみ。12月に茨城県ほぼ全域がヒラメ釣り可能になる予定だ。


大ダイ警報発令中! 日立沖のテンヤマダイ仕掛けとポイント(大貫丸)

大ダイ警報発令中! 日立沖のテンヤマダイ仕掛けとポイント(大貫丸)

タックルはいわゆる普通のひとつテンヤマダイ用のものでいいだろう。道糸はバランス重視の0.8号。ハリスは2~3号を3~5mほど。5kg級の大ダイがヒットしているようなときは、ドラグを少し強めに設定しておこう。


ランキング


>>総合人気ランキング

つり丸定期購読