MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

茨城に関する記事

茨城に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
現在、波崎沖の青物は小型のヒラマサがよくヒットしているが、今後はワラサがおもしろくなる。ワラサは例年では年明け以降も続く。ベイトとスピニングを使い分け、エキサイティングなジギングを楽しもう!
部分解禁~沸騰中の鹿島沖!今年は2~3㎏級&5㎏オーバーの大ビラメが何枚も!!当日は4.9㎏を頭に2㎏超級はゾロゾロ!トップ8枚!(前日は5㎏を頭にトップ10枚!!)。全面解禁後も乱舞確実!
関東エリアで魚影がも最も濃いといわれている茨城海域のヒラメが11月1日、鹿島沖で部分解禁。取材日は1投目から船中あちこちでヒット。規定数の10匹に達する釣り人も!2kgオーバーが多く最大は79㎝の大型!
茨城県平潟港「第十五隆栄丸」で今期2度目のアカムツチャレンジ!「来たっ!」「こっちも食った!」船上は蜂の巣を突いた様な大騒ぎ。次々取り込まれるグラマーなルビーレッドに鈴木和次船長も笑顔を見せる。
常磐エリア鹿島北沖のブランドタコが早くも解禁&絶好調!根掛かり少なく1kg前後良型安定釣果をキープしている。開幕初日に約10人のマダコフリークが集まり、いま流行りの2個餌木仕掛けでマダコを狙った!!
茨城エリアのテンヤマダイは、年内がベストシーズン!この時期は数、型ともに楽しめる。またゲストも豊富で、定番の根魚をはじめ青物もヒット。日立久慈港「大貫丸」でもアタリが多く、今後も爆釣が期待できる!
鹿島旧港「義心丸」では、現在2便態勢でひとつテンヤマダイに出船。ハナダイ、青物、根魚、ヒラメやホウボウなどゲストも多彩。テンヤ&タイラバタックル、釣り方の基本を押さえて「紅葉鯛」を手にしよう!
スーパーライトジギング!ライトなタックルとライトなライン、軽量小型のジグを使い、いろんな魚を狙って釣る!スタイル。関東にも本格上陸!茨城・波崎港の「征海丸」がスーパーライトジギング船を開始。
鹿島沖の夜ムラサキイカが爆乗り中!釣り方は、ブランコ仕掛け&メタルスッテ!現在は良型のムラサキイカが大半を占め、トップ200ハイ超えもあるほどだ。シーズン最盛期のこの釣りをぜひ、体感してほしい。
関東アカムツ釣り先端情報発信地のポジションを確立したとして過言ではない「カンネコ根」。そんなアカムツ釣りに鉄板ギミックでのゼロテン釣法で挑む!的確なタックル&釣法で臨めば連発、二桁釣果も期待大だ!
1 2 3 4 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読