MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

相模湾に関する記事

相模湾に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
冬の相模湾、ホウボウゲームが面白い!エサ釣りと同船して楽しむのが相模湾スタイルだが、ここではテクニカルなライトジギングの基本タックル、ヒットジグ、テクニックなどを紹介する!
小 坪港「洋征丸」では、アジ&マダイ&クロムツを狙う五目で出船。初冬までは食わせサビキ仕掛けでの青物狙いも加わっている。新年の初釣りは、アジ、出世魚で縁起がいいワラサ、ブリもゲットしよう!
高級魚アマダイ!40㎝以上で十分に大型だが、相模湾には50㎝オーバーが数多く潜んでいる。葉山あぶずり港「たいぞう丸」は、そんなモンスターサイズを狙う船宿で、連日50㎝オーバーをゲットしている。
相模湾アマダイが絶好調!平塚港「豊漁丸」で使用する仕掛けは、一般的なアマダイ用の2本バリ。オモリは60号。1月中はサイズも数も期待できる。今年も相模湾の冬を盛り上げる癒しキャラは、激アツだ!!
いよいよ冬本番、相模湾・小坪港「太郎丸」のキンメ船が評判を集めている。潮が緩んでキンメが急上昇中!数&サイズにも期待大!クロムツも良型チャンス!レンタルOKで深場入門にも最適だ!
相模湾のマダイと青物が非常に熱い!茅ケ崎港「沖右ヱ門丸」では、越冬場に落ちた大ダイと、その場所に回遊するブリ、ワラサを狙っての乗合船で好釣果が続いている。初釣りで一発大物を釣り上げよう!
相模湾のブリ釣りは、今期も11月に開幕。ポイントは茅ヶ崎沖〜二宮沖水深160〜200m。例年、この深場にベイトを求めて回遊してくるブリを狙う。今期の模様を茅ヶ崎港「湘南海成丸」の鈴木敦船長に聞く。
年末年始に狙いたいターゲットの筆頭格がマダイ!相模湾東部の葉山沖周辺では11月後半ぐらいからワラサまじりで楽しめている。年末年始はこれで決まり!縁起がいい高級魚を狙おう!
今シーズンも相模湾のアマダイ釣りは数、型ともに好調が持続中。12月前半の時点までは、数も釣れて、大型も取り込まれている。正確なタナ取りと誘いが大事!永井名人の8連発ヒットパターンも紹介!
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
1 2 3 4 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読