MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

相模湾に関する記事

相模湾に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
深場の魚を釣ってみたいけど、道具が高価、ハリ数が多いなどで二の足を踏んでいる深場釣り入門者に、ライトなタックルと仕掛けで手軽に楽しませてくれるのが小坪港の「太郎丸」。深場には超美味魚がいっぱいだ!
更新: 2019-02-14 11:14:56
相模湾にサワラが回遊。「7年ぶりか8年ぶりだと思うよ。前はサゴシサイズが多い時もあったけど、今年は今までの所はサワラサイズ。ただ、ムラが激しいのが困るよ」庄治郎丸でルアー乗合を担当する世古船長の言葉だ。
更新: 2019-01-30 07:00:00
新春のスタートダッシュを決めたいアングラーに超オススメ!良型のマアジと大ダイをメインにクロムツ、オニカサゴ、メダイ、ヒラメなど小坪港「洋征丸」のアジ&マダイ五目が水温の低下と共に釣果を伸ばしている。
更新: 2019-01-23 12:00:00
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
更新: 2019-01-15 06:45:47
仕掛けはプラヅノ11㎝で組んだブランコ式の5〜7本ヅノが標準。枝スは3号、幹糸は5号。仕掛けの途中に赤白のウキスッテをまぜると有効なときもあるので準備しておくといいだろう。
更新: 2019-01-16 00:55:54
「太郎丸」の「アコウダイ五目」で使用するオモリは250号(潮が速いときは350号を使うこともある)。狙う水深は深くても500mぐらいまで。そのため、竿はオモリ250号に対応した深海用がベスト。
更新: 2019-01-15 00:49:27
最近のアマダイ釣りはライト系のタックルが主流。「ライト」と謳っていなくても、PE2号以下、ゲームロッドの組み合わせが基本となる。竿は1.6~2mほどで、8対2から7対3程度のゲームロッドを使用する。
更新: 2019-01-15 00:49:06
お手軽に色々な魚が釣れて人気のLT五目。「沖右ヱ門丸」さんは通年LT五目をやっており、その時に釣れている魚をメインに釣行。1月に釣行した時はイシダイがメインで今回はイナダ。前日の釣果も悪くないので期待大。
更新: 2019-01-08 01:05:05
関東圏で話題になりつつある2つの餌木を付けて釣るアオリイカの新釣法〝ティップランプラス〟。この釣りを開発した張本人たちが関東の海で新釣法を披露した。
更新: 2019-01-07 00:57:38
ヒラメとアマダイのタックルは同じでも分けてもどちらでもいいだろう。同じ場合は、1.6~2mほどのゲームロッドに小型電動リールを組み合わせる。竿は共通で使用するなら7対3調子が扱いやすい。
更新: 2019-01-08 01:08:13
1 2 3 4 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読