MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

相模湾に関する記事

相模湾に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
小坪港「洋征丸」のアジ・マダイ五目釣り!大アジは堅調でダブル、トリプル!マダイは一瞬のチャンスに!イシナギは超弩級もヒット中!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目が激アツ!エサ釣りが案外楽しくつい夢中に!本編は白身系高級魚五目!一釣行で三度もオイシイぞ!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
今回お勧めしたいのはオオクチイシナギ!最大で体長2mにも達する超巨大魚。都心から近い城ヶ島沖でモンスター魚が狙える!100kg超も釣れているので心して挑戦しよう!
相模湾のコマセ釣りは8月から開幕!シーズン初期はカツオとキハダの両狙いとなることが多い!来るべき本格シーズンまでに準備をしっかりしておこう!!
初夏のターゲットたちが本格シーズンを迎える。中でも相模湾のマル・ムギイカは超注目株!ムギ専門船〜スルメ船も期待できそうだ!夏の楽しい釣りに備えて、ハウツーを大公開!
茅ヶ崎港「湘南海成丸」。釣れるアジは良型ぞろい!児島玲子さんが持つアジなんて、見るからに脂がたっぷりと乗り、本当に美味しそうだ。キモは「タナ取り」と「コマセワーク」!コジレイが詳しく教えます!
平塚港「庄三郎丸」のカサゴ・ヒラメ乗合は、各種の高級根魚が釣れるとあって大人気だ!現在はヒラメ&カサゴが好調!釣行当日は、ほかにマゴチ、ワニゴチ、スズキ、ホウボウなどがまじった。
1 2 3 4 最後

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読