MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

富津沖に関する記事

富津沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
待ちに待った東京湾の夏タチシーズンがやってくる!アタリが多く、釣りやすくなるのが夏タチの特徴!シャクリ幅と巻き上げ速度のバリエーションで攻めよう!!
春の訪れとともに始まる釣りの一つが江戸前の伝統釣法、エビスズキ。富津港「浜新丸」取材時は開始早々に船中で連発!繊細さと豪快さが楽しめるエビスズキ!今後も楽しみだ!
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
ロングランで人気の高い東京湾タチウオジギング。長浦港「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといった一級ポイントを中心に転戦。F7=指7本の大型が連日キャッチされている。
いかにアタリを出させて、食わせるか? そのゲーム性にハマる釣り人が続出している夏場のタチウオが、盛夏を迎え、ますます盛り上がっている。
富津沖のエビスズキは長い伝統を持ちながらも、いまだそのスリリングな釣り味は色あせていない魅力的な釣りだ。ライトな道具立てで、1メートルに届くかという超大型スズキを狙うのだ。
非常に刺激的で面白い伝統釣法・エビスズキ。未体験の方も多いと思われます。ぜひとも一度体験して欲しい。
季節は確実に春に移行したことを感じるこの頃。釣りの世界にも春を感じさせてくれる釣り物が数々ある。生きエビをエサに大物と対峙する「エビスズキ釣り」もその1つだ。エサとなる生きエビが入手できたことから、富津港「浜新丸」で乗合船が始まるという情報。さっそく、開幕初日となる3月10日に釣行してきた。
ファミリーフィッシングにも最適、誰でも手軽に楽しめる釣り物として人気のある東京湾のイイダコ釣りが、今年もスタートした。イイダコは、はるか昔から人間の生活に関わりがあったようだ。古墳時代や弥生時代の出土品の中にはイイダコ漁に使われたと思われる蛸壺が発見されているという。古くから人間とは身近な存在にあったようだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読