MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

マゾイに関する記事

マゾイに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
福島県・小名浜沖は2シーズン目を迎えるアカムツの高ポテンシャルフィールドだ!ぜひあなたの腕試しの場に!ポイントの状況、小名浜アカムツタックル、仕掛け、エサ付け~釣り方まで完全攻略法を紹介!
常磐、日立会瀬沖は夏秋のマダイシーズンに突入。これからの時期は5㎏オーバーの大ダイチャンス!テンヤ、タイラバ、タイジグもOK!マゾイ、クロソイ、ホウボウ、オキメバル、イナダなど豪華ゲストも豊富だ。
仙台湾はフラットフィッシュの宝庫。ヒラメ、カレイ、マゴチのポイントが豊富。亘理荒浜港「拓洋丸」&「大海丸」ではビギナーもベテランも大満足のヒラメ釣りが可能だ。ヒラメ爆釣シーズンの仙台湾・南部にぜひ!
極上美味アラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
福島県小名浜沖の泥地でアカムツが開幕中。アカムツのポイントにミズダコもいるんですよ。と船長が話すので流行りの2個餌木スタイルでボトムを叩くと、ビンゴ!おいしそうなミズタコが海底から浮上してきた。
福島の海が回復。豊穣な海となって多くの釣り人を楽しませてくれている。釣れるのはヒラメ、マゾイ、クロソイ、メバル、アイナメ、マダイ、カレイ、青物etc。おいしい高級魚ばかり。半日も釣ればお土産十分。
平潟沖のアカムツ五目は、比較的浅場をライトなタックルで狙う波崎沖寒猫根と同様の、かなりお手軽カンタンなアカムツ釣りだ。マゾイやアラなどプラスアルファも魅力!この夏はお好みのターゲットにチャレンジ!
冬から春にかけて季節風のため、暴れ馬のように荒れていた日本海もこれからの季節はベタ凪ぎの日がほとんど。ちょっと、沖へ出て水深120m以深の中深場を狙うと、とてもおいしい魚が釣れる。
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読