沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

外房に関する釣り情報


水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

「梅雨イサキ」や「寒イサキ」など、イサキの冠には旬の時期を付して呼ばれることが多い。夏の産卵を間近に荒食いする梅雨イサキ。厳寒期にたっぷりと脂肪を蓄えた寒イサキ。どちらも甲乙つけがたい。しかし意外と知られていないのがこの寒イサキシーズンを目前に控えた初冬のイサキだ。


アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

ショウサイフグ釣りはアタリを取って積極的に掛けていくスタイル。竿は、専用竿の中でも長さが1.5m前後と短めのものがオススメ。短いほうがアタリが見やすいからだ。専用竿以外なら、カワハギ用の目感度重視タイプや、マルイカ用など少し軟らかめの先調子タイプがアタリが出やすい。


年末年始の釣行にもオススメ! 絶好調の外房イサキ(義丸)

年末年始の釣行にもオススメ! 絶好調の外房イサキ(義丸)

御宿岩和田「義丸」のホームページでは、11月1日のイサキ解禁以来「反応濃くチャンスですよー」の大きな文字。ジャンボイサキのダブル、トリプルの写真で連日賑わっている。規定数の50匹を達成する日や早揚がりの日も多い。お土産高確率のオススメ人気ターゲットだ。


ビギナーにもイチ押し! サイズGOOD大原沖ヒラメ仕掛け(富久丸)

ビギナーにもイチ押し! サイズGOOD大原沖ヒラメ仕掛け(富久丸)

「富久丸」では、ノーマルタックルのほか、ライトタックルで狙うことも可能だ。 ノーマルタックルの場合は、竿はヒラメ専用竿がオススメ。オモリ80号に対応したもので、長さは2.4〜3.3mくらい。手持ちなら短め、置き竿主体で狙うなら長めをセレクトするといいだろう。


前半はクロムツ後半はアラの超高級魚狙い!その仕掛けとは(源泉丸)

前半はクロムツ後半はアラの超高級魚狙い!その仕掛けとは(源泉丸)

「源泉丸」では、クロムツ、アラともに200号のオモリを使用する。そのため、竿は200号のオモリに対応した先調子がオススメだ。


付けエサのシャクリ釣り! 片貝沖のハナダイの釣り方(直栄丸)

付けエサのシャクリ釣り! 片貝沖のハナダイの釣り方(直栄丸)

ハナダイ狙いで出船している片貝旧港「直栄丸」では、このところ25〜40㎝前後の良型主体にトップ30〜40枚前後釣れており、トップ50枚(規定数)の日も多い。ハナダイのシャクリ釣りはウイリー仕掛けや、ここ数年はカラーバリ仕掛けを使い、付けエサなしで行う船も多いが、「直栄丸」ではオキアミエサを付けて釣るのを基本としている。


Xデーに備えて準備を! ヒラマサ&ワラサのタックル紹介(松鶴丸)

Xデーに備えて準備を! ヒラマサ&ワラサのタックル紹介(松鶴丸)

外房の青物をターゲットとしたルアータックルは、ジギングとキャスティングの2種類が必携。ラインは、最近は細くて強い高性能モデルが各メーカーから発売されているので、ジギングはPE3号をメインに、対大物用で4号。キャスティングは4〜5号をメインに、対大物用で6〜8号を用意しても損はない。


外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

「急に逆潮(北からの冷たい潮)になって、水温が下がっちゃったんですよ…。ただ、魚はいますし、ベイトもいますので、真潮(南からの暖かい潮)に変わって水温が安定さえすれば期待できると思いますよ!」と話すのは、千葉・勝浦川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。


鍋ネタにピッタリ! これからが好シーズンのショウサイフグ(敷嶋丸)

鍋ネタにピッタリ! これからが好シーズンのショウサイフグ(敷嶋丸)

80、76、80…。これは、大原「敷嶋丸」のショウサイフグ船の、このところのトップの数だ。台風三連発の影響を受けた日を除けば、軒並みこんな好釣果がアップされている。古くから、ショウサイフグ釣りで名を馳せる大原沖。好釣果が続くのは、ショウサイフグが集まる好条件が整っているということだ。


美味な高級魚アカムツが片貝沖で連発! クロムツも釣れる(正一丸)

美味な高級魚アカムツが片貝沖で連発! クロムツも釣れる(正一丸)

最上級と言っても過言ではない食味のアカムツ。グルメな釣り師なら一度は釣りたい、食べたいターゲットだ。


10月から大原沖ヒラメ全面解禁! 釣れるタックル&仕掛け(松栄丸)

10月から大原沖ヒラメ全面解禁! 釣れるタックル&仕掛け(松栄丸)

「松栄丸」ではオモリ80号を使用する。そのため竿は80号オモリに対応したヒラメ専用竿がおすすめ。長さは2.4〜3mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸リール。前述したように取材当日は、水深10m台〜20m台の浅場を狙った。この水深なら手巻きリールでも仕掛けの上げ下げは苦にならないだろう。


大型マダイを狙うなら広範囲を探ろう! 仕掛け&釣り方(太幸丸)

大型マダイを狙うなら広範囲を探ろう! 仕掛け&釣り方(太幸丸)

竿はひとつテンヤ用の2.4〜2.7mが扱いやすいだろう。これに小型のスピニングリールを組み合わせる。リールはとにかくドラグ性能がいいものを選ぶこと。大ダイや中ダイが掛かったときは、ラインを出さないと、まず取り込むことはできない。


秋のベストシーズン到来! 外房のヒラマサが今アツい(山正丸)

秋のベストシーズン到来! 外房のヒラマサが今アツい(山正丸)

外房のヒラマサが秋のシーズンを迎えている。春ほど数が出ているわけではないが、サイズがよく、ジギングでは3〜4㎏、キャスティングでは7〜8㎏が中心にキャッチされている。


晩秋にさしかかり食い活発! 川津沖のひとつテンヤマダイ(とみ丸)

晩秋にさしかかり食い活発! 川津沖のひとつテンヤマダイ(とみ丸)

晩秋にさしかかり、外房のひとつテンヤマダイが好調になってきた。「このところ中ダイ、大ダイまじりで、いい感じに釣れています」と取材時に話していたのは川津「とみ丸」の吉清紘生・若船長。


全面解禁! 開幕直後からロケットスタートを切ったヒラメ(勇幸丸)

全面解禁! 開幕直後からロケットスタートを切ったヒラメ(勇幸丸)

外房のヒラメ戦線が着実に勢力拡大中。8月1日の部分解禁を皮切りに徐々にそのエリアを拡大してきた片貝沖。いよいよ10月1日に全面解禁となり最盛期を迎える。今シーズンは開幕直後からロケットスタートを切った片貝沖ヒラメ。アベレージサイズの大きさが今シーズン最大の特徴。


ヒラマサ炸裂! キャスティング&ジギングで狙う!(松鶴丸)

ヒラマサ炸裂! キャスティング&ジギングで狙う!(松鶴丸)

例年ならすでに秋のベストシーズンに突入している外房のヒラマサ。しかし今年は高水温の影響なのか、本格化が少し遅れていた。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

11月に入って茨城エリアでもヒラメが解禁したが、房総エリアも解禁からコンスタントに釣れ続いている。外房大原沖もヒラメ好調ポイントのひとつ


大ダイは突然ドカンとくる! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ(梅花丸)

大ダイは突然ドカンとくる! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ(梅花丸)

外房・飯岡沖の一つテンヤマダイが好調だ。アタリが多く、数釣りが楽しめている。トップ2ケタを記録することも珍しくなく、今回取材した飯岡港「梅花丸」ではトップ16枚を記録する日もあった。11月前半の時点でも数釣りが継続している。


ラインブレイク多発注意! ヒラマサ&ワラサ&カンパチ(山正丸)

ラインブレイク多発注意! ヒラマサ&ワラサ&カンパチ(山正丸)

“秋マサ”と呼ばれ、“春マサ”シーズンと並んで2大シーズンのひとつとされている秋の外房ヒラマサが、いよいよベストシーズンを迎える。


ランキング


>>総合人気ランキング

つり丸定期購読