MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

外房に関する記事

外房に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00
「今期は例年以上に良い感じだよ。なんたって年明けからオデコの人が少なく、釣り座に関係なくコンスタントに釣れてるからさ」と、乗船時に満面の笑顔で状況を話してくれたのは勝浦港「初栄丸」の渡辺和明船長だ。
更新: 2019-02-14 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00
片貝旧港「二三丸」のハナダイ五目船で釣れるハナダイがとにかく良型。取材日は、大量のセグロイワシの襲撃に合い苦戦。それでもトップは24枚。取材をしながら釣りをする取材者の釣果でも18枚という釣れっぷり。
更新: 2019-02-03 12:00:00
「大型ヒラメは、2月いっぱいまでがチャンスだよ。昨日は最大で6㎏。3㎏前後がアベレージで、4人で26枚。今年も例年通りで、絶好調だ」。1月中旬に伺った御宿岩和田港の青柳邦広船長の言葉だ。
更新: 2019-01-29 12:00:00
「正直、取材依頼の電話があったときは断ろうと思いました。もしかしたら…という思いもあって、ダメ元で受けました」そう話すのは、千葉・大原港「山正丸」の山口船長。今季の外房は、それほどまでに状況が悪い。
更新: 2019-01-28 07:00:00
イワシの群れを追って渡りのヒラメも入ってくれば冬場のヒラメ釣りも本番だ。大原港「春栄丸」では3㎏オーバーの大ビラメを連発中。「貸し竿のグループが大ビラメをバンバン釣った日もあったよ」と白川大船長。
更新: 2019-01-24 12:00:00
ショウサイフグ仕掛けはカットウ仕掛け25〜30号。オレンジ系、グロー系に実績がある。掛けバリは長短2つ付けるといい。根周り主体なので、予備の仕掛け、予備の掛けバリを準備しておこう。
更新: 2019-01-20 22:00:00
勝浦港「初栄丸」も、そのスタイルで出船している。出船後、まずはフラッシャーサビキ釣りを行う。タックルはオニカサゴのものそのままでOK。仕掛けは幹糸6~8号、ハリス4~6号の7~8本バリ、フラッシャーはピンク&ホワイトが定番だ。
更新: 2019-01-09 00:56:17
1 2 3 4 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読