MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

外房に関する記事

外房に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00
外房でよく聞かれる言葉のひとつに「春マサシーズン」というキーワードがある。黒潮の影響を受けた南からの暖流(真潮)が、その勢力の強まりとともにヒラマサを外房沖へと運んでくる。一気にヒット連発だ! 
更新: 2019-04-11 12:00:00
ラマサ狙いで人気を集める外房沖。ヒラマサの陰に隠れ、目立ってはいないが、年々人気右肩上がりなのが、冬から春にかけてのサンパク、ワラサだ。
更新: 2019-04-07 07:00:00
重要なのはジギングもキャスティングも「ルアーをキャストする」こと。プラグは言うまでもないが外房ではジグもキャストする。水深が浅いポイントではジグを斜めに引いて、より長い距離で魚にアピールさせる。
更新: 2019-03-31 12:00:00
飯岡沖の春のターゲットとしてすっかり定着してきたホウボウ。今年もホウボウの群れがやってきて、2月に入ると良型主体に数釣れ始めた。ホウボウは脂が乗った白身なので刺身は抜群。簡単に釣れるから、釣れているうちに早めに釣行しよう!
更新: 2019-03-26 12:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
スィ~スィ~ッと誘う竿先がキュキュン! と入る。片貝沖でコマセシャクリによるハナダイ五目釣りが好調だ。いい日は良型主体にトップ30枚ほど釣れる日もあるんだそう。
更新: 2019-03-18 12:00:00
この時期、外房・大原沖のテンヤマダイは、イワシの群れを追った大型マダイに期待がかかる。イワシに着いたマダイを狙うイワシパターンは大型マダイが連発、好釣果を記録している。まだしばらくは期待できそうだ!
更新: 2019-03-16 07:00:00
大原港のテンヤマダイ船の多くがイワシの群れを追うマダイを狙っている。イワシの反応に付いたマダイは型がよく、ほとんどが3kgを超すサイズ。例年5月頃までイワシの群れが回遊しており、今が大型狙いのチャンス!
更新: 2019-03-09 12:00:00
美味しいキンメとイカがと一挙に狙える豪華リレー釣り。キンメというとヘビーな深海タックルが必要と思うかもしれないが、リレーで狙うヤリイカのタックルがあれば、キンメもヤリイカも両方狙えてしまうぞ!
更新: 2019-03-08 07:00:00
1 2 3 4 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読