外房に関する釣り記事


カッタクリ&泳がせで狙う! カンパチ五目釣り(寿々木丸)

カッタクリ&泳がせで狙う! カンパチ五目釣り(寿々木丸)

一度の釣行で、いろいろな釣りを楽しみつつ、狙った獲物も高確率で仕留めたい…。そんな、欲張り派の釣り人にもってこいで、さらに、さまざまな魚が顔を出す五目釣りが外房・小湊沖で展開されている!


水深浅く、釣り味抜群! 飯岡沖のヒラメの釣り方&仕掛け(梅花丸)

水深浅く、釣り味抜群! 飯岡沖のヒラメの釣り方&仕掛け(梅花丸)

6月から開幕している外房・飯岡沖のヒラメ。今年は開幕から良型、大型が取り込まれるのが目立っている。今回取材した飯岡港「梅花丸」も開幕から大型をコンスタントに取り込んでいる。開幕初日、二日目と5kgオーバーを取り込み、その後も4kg台の大型を何枚も取り込んでいるのだ。


水深も浅く釣りやすい! 外房・大原沖ひとつテンヤマダイ(LT広布号)

水深も浅く釣りやすい! 外房・大原沖ひとつテンヤマダイ(LT広布号)

秋の大原沖は例に漏れず、浅場で中小型の数釣りが期待できる時期。水深20m前後のポイントで、条件がそろえばキロ前後ぐらいまでのサイズをトップ2桁釣果も珍しくない。中小型がメインになるが、状況次第では大型のヒットもあるのだ。


ジギング&キャスティングで狙う! ヒラマサ&ワラサ(山正丸)

ジギング&キャスティングで狙う! ヒラマサ&ワラサ(山正丸)

千葉・外房に秋の青物シーズンの到来だ。メインターゲットは、もちろんヒラマサ! それにワラサ(イナダ)やカンパチ、昨年はハガツオなどもよくヒットした。秋は魚種も多彩なので、まさに入門には最適な時期といえよう。


中小型の数釣りシーズン! ひとつテンヤで釣るマダイ(LT広布号)

中小型の数釣りシーズン! ひとつテンヤで釣るマダイ(LT広布号)

ひとつテンヤマダイが盛んな外房・大原沖も、すでに秋の好シーズンに突入している。秋は中小型マダイの数釣りが楽しめるシーズンであるが、今シーズンは例年になく大型マダイのヒットが目立っている。


川津沖にマダイシーズン到来! いろんな釣り方で楽しむ(良幸丸)

川津沖にマダイシーズン到来! いろんな釣り方で楽しむ(良幸丸)

陸上は残暑が厳しくまだ夏のようだが、海の中は少しずつ秋へと季節が移り変わりはじめたようだ。千葉・外房で、マダイが好調に釣れ始めたのだ。


釣り場が拡大していよいよ本格シーズン! 片貝沖のヒラメ(正一丸)

釣り場が拡大していよいよ本格シーズン! 片貝沖のヒラメ(正一丸)

片貝沖のヒラメポイントは8月1日、9月1日の二回の部分解禁を経て、10月1日に全面解禁する。「どのポイントもヒラメの魚影は濃いよ。今日は潮が悪いけれど、これがなおればアタリはもっと多くなると思うよ」と話すのは、8月30日に取材で訪れた片貝旧港「正一丸」の海老原三利船長。


外房・勝浦沖のスルメイカ&五目釣りを楽しもう!(勝丸)

外房・勝浦沖のスルメイカ&五目釣りを楽しもう!(勝丸)

朝方にフラッシャーサビキでサバ、アジを釣り、十分なお土産になったところでイカ釣りにチェンジするのは、勝浦地区ではお馴染みのリレー釣りだ。そしてイカ釣りに満足したら、根魚も狙える。クーラーには多彩なお土産が入るのがこの釣りの魅力だろう。


メーターオーバー連発!穴場ポイントに潜むドラゴンタチウオ(信照丸)

メーターオーバー連発!穴場ポイントに潜むドラゴンタチウオ(信照丸)

外房の大型タチウオが当たり年のようだ。勝浦松部港の「信照丸」では5月の終わりからタチウオ乗合を開始し、良型主体の数釣りが続いている。


中小型が多い時期でもとにかく狙いは大ダイ! (LT広布号)

中小型が多い時期でもとにかく狙いは大ダイ! (LT広布号)

秋のマダイ釣りは、中小型の数釣りが楽しめるシーズン。外房・大原沖のひとつテンヤマダイも8月に入ると水深10〜20mの浅場で中小型主体に数釣れる日が多くなっている。そして、それに大ダイ、中ダイがまじっているのだ。


今期は7月以降もチャンス大! 外房のヒラマサ&ワラサ(山正丸)

今期は7月以降もチャンス大! 外房のヒラマサ&ワラサ(山正丸)

例年であれば、ゴールデンウイーク前から夏前頃までは外房は青物のベストシーズンを迎える。この頃をとくに“春マサシーズン”と呼び、ヒラマサはもちろんワラサの好釣果で大いに賑わう。


外房・勝浦沖のひとつテンヤ&タイラバで釣る! 五目釣りも(とみ丸)

外房・勝浦沖のひとつテンヤ&タイラバで釣る! 五目釣りも(とみ丸)

マダイにヒラマサ、ヒラメにマハタ、さらに大型カサゴ、魚種多彩に楽しめるのが勝浦沖のひとつテンヤ&タイラバだ。勝浦、川津港「とみ丸」の吉清紘生船長は、深場浅場、荒根平場とバリエーションに富んだポイントを流し、いろいろな魚を釣らせてくれる。


意外と簡単に釣れちゃう? ヒラマサ&大ダイのカモシ釣り(太平丸)

意外と簡単に釣れちゃう? ヒラマサ&大ダイのカモシ釣り(太平丸)

外房、御宿沖の「三本松」はマダイ、ヒラマサの好漁場。今期は特にヒラマサが好調で、御宿岩和田港の「太平丸」は伝統のカモシ釣りで狙い、4~5㎏級を中心に数多くのヒラマサが仕留められている。


永井名人が釣る! 外房・外川沖の絶品夏ビラメ(福田丸)

永井名人が釣る! 外房・外川沖の絶品夏ビラメ(福田丸)

永井名人は好シーズンに突入している外房・外川沖の夏ビラメに挑戦した。船は外川港「福田丸」に乗船。


釣りやすくビギナーにオススメ! 夏ビラメの仕掛け&釣り方(福田丸)

釣りやすくビギナーにオススメ! 夏ビラメの仕掛け&釣り方(福田丸)

6月から開幕している外房・外川沖のヒラメ。7月に入り、まずまずの好釣果が続いている。夏場は「夏ビラメ」と呼ばれ、好シーズンでもあるのだ。潮が澄み、水温も高く安定して、ヒラメの活性が高くなる。そのため、アタってから食い込む時間が短く、釣りやすいのだ。ビギナーが挑戦するにもおすすめの時期だ。


狙うは2kg級の大型オニカサゴ! 仕掛けと釣り方を解説(松栄丸)

狙うは2kg級の大型オニカサゴ! 仕掛けと釣り方を解説(松栄丸)

オニカサゴは周年を通して狙えるターゲット。鍋にすると美味なこともあり、とくに冬場に人気がある。「冬場のターゲット」という認識を持っている人も多いのではないだろうか?しかし、オニカサゴは夏場も好シーズンだ。


外房”カモシ釣り”でヒラマサ好調、今後マダイもチャンス(作栄丸)

外房”カモシ釣り”でヒラマサ好調、今後マダイもチャンス(作栄丸)

勝浦沖のカモシ釣りが今年も好調だ。浜行川港の「作栄丸」では、5月23日にはヒラマサが船中11本、27日には最大8.3㎏を含んで船中9本とヒラマサ主体の釣果が上がっている。同船でマダイ仕掛けで狙った人は3~5㎏のマダイを上げている。


脂ノリノリの激うまイサキが大原沖で爆釣だー!(敷島丸)

脂ノリノリの激うまイサキが大原沖で爆釣だー!(敷島丸)

今期は出遅れ気味だった大原沖のイサキが、水温の上昇と共にようやく本格化。活性はもちろん、ナイスサイズ連発でファンを魅了している。


カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

昨年に続いてカモシ釣りで伺ったのは「作栄丸」。昨年の取材時には10㎏級のヒラマサが三連発という驚愕の釣りを体験した。今年もヒラマサは好調に釣れているとのこと、大型ヒラマサの期待を胸に行川港へと向かった。


2ケタ釣果もある! 夏のヒラメの仕掛け&釣り方をご紹介(孝進丸)

2ケタ釣果もある! 夏のヒラメの仕掛け&釣り方をご紹介(孝進丸)

真夏のヒラメ釣りと言えば、真っ先に思い浮かぶのが外房、銚子、飯岡エリア。毎年6月1日から解禁し翌年3月までのロングランでヒラメが狙え、他の釣り場の多くが禁漁となる夏場もコンスタントな釣果が期待できるのが特徴だ。


ランキング


>>総合人気ランキング