MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

千葉・長浦港「こなや」に関する記事

千葉・長浦港「こなや」に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
千葉県長浦港「こなや」では、この時期シーバスジギングが活況。水温が上がり始めればグッと釣果も上向くのが例年のパターン。ここでは、基本的なタックルセレクトとベーシック釣法&釣行レポートを紹介する。
ロングランで人気の高い東京湾タチウオジギング。長浦港「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといった一級ポイントを中心に転戦。F7=指7本の大型が連日キャッチされている。
東京湾の鉄板釣り物として人気を誇るLTアジ。誰でも簡単に数釣りできる手軽さと、想像を遥かに上回る食味の良さを兼ね備えた〝優等生〟 刺身、なめろう、塩焼き、アジフライ、釣って美味しいアジ釣りは絶好機だ!
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読