MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

小金丸に関する記事

表示順:
東京湾のマアジ。もうすっかりブランド化されている。湾内のアジは、金アジ・黄金アジとも呼ばれ、その魚体は金色もしくは薄く紫かかっている。脂ののりはもちろん、そのうまみを一度味わってしまうと、誰もが虜になってしまう。
更新: 2018-05-21 08:52:43 公開: 2018-05-15 21:00:00
東京湾内のマアジがいま絶好調だ。各船宿のホームページを見れば、数釣れているのが一目瞭然。まさに今年はマアジ当たり年。マアジは初夏から夏に産卵期を迎えるので、いまが旬。当たり年に加え乗っ込み期が重なるので、確実釣果も〝お約束〟である。
更新: 2018-05-11 08:12:09 公開: 2018-05-01 03:00:00
「今年は久里浜沖でよく釣れています。しかも今年のアジは色も形もツヤも本当によくて、モッチリとしていい品物ですよ」と話すのは、小柴港「小金丸」の小山満寿夫船長。「小金丸」といえば、周年アジ狙いで出船するこだわりの船宿として知られる。その小山船長がそう太鼓判を押すのだから、間違いない。本当にいいアジなのだ。
更新: 2018-03-12 12:11:43 公開: 2018-03-01 03:00:00
東京湾のマアジは、ほぼ周年釣れ続く湾内不動の超人気ターゲット。とくに、観音崎から湾の奥部のアジは食べておいしいと評判だ。そのうまいアジを周年専門に釣らせてくれるのが、小柴港「小金丸」だ。
更新: 2018-12-12 06:29:30 公開: 2018-01-04 23:00:00
黄金に輝くアジが小柴沖で好釣だ。一度食べたら、決して忘れられないという、格別に美味過ぎる黄金アジが、トロサバまじりで数釣りが可能!! てな事を聞いたら、食いしん坊アングラーは、行かなきゃ収まりつかんです。よっしゃ、釣るぜ〜!
更新: 2017-12-20 06:47:56 公開: 2017-09-27 02:04:00
東京湾内の沖釣りが盛んになってから約40年。いまも昔も人気トップはビシアジ釣りだ。イワシのミンチをまきエサにするこの釣りは、沖釣りコマセ釣りの原点ともいえる。沖釣りを始めるきっかけになったのがアジ釣りだというベテランアングラーも少なくない。シンプルで馴染みやすい釣りということもあるが、それだけにじつは奥が深いのだ。
更新: 2017-12-20 06:47:58 公開: 2017-07-07 04:01:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読