MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

とうふや丸に関する記事

とうふや丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
湘南エリアは、多くのアマダイポイントが点在する絶好の漁場!強烈な冬将軍の到来にもかかわらず、アマダイは元気いっぱい。寒さも忘れる楽しいターゲットを釣りに相模湾へ行こう!
とうふや丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
相模湾のアジの名ポイント瀬の海で春アジが好調だ。「瀬着きのアジは旨い」とよく言われるように味も上々!特に中アジは身厚でコロっと太って脂の乗りも抜群だ。爽やかな季節!美味しいアジを釣りに行こう!
春の日和が待ち遠しい3月の半ば、一足先に訪れた瀬ノ海の春を取材してきた。大磯港「とうふや丸」のビシアジ船だ。
立春を過ぎると、長かった冬もだんだんと春へと向かう。極寒の北風も弱まり、このところ沖に出ても過ごしやすい日が続いていた。ひと足早い春の味覚を楽しもうと2月23日、大磯港の「とうふや丸」へと向かった。
周年アジが狙える相模湾。春は特有の濁り潮が入る時期でもあるが、これがアジ釣りではいい結果をもたらす。「すでに潮は濁りが入っています。潮が濁った日が何日も続くようになると、アジは安定して数釣れるようになると思います」と話すのは大磯港「とうふや丸」の関野幸男船長。
水温が低下し釣り物が少なくなるこの時期、貴重な存在なのがアジ。なかでも相模湾瀬ノ海は釣り場が深いせいか、水温等にあまり左右されず一年を通して安定した食いっぷりを見せる一級ポイントだ。
7月のアジ釣り第2弾は相模湾・瀬の海。この海で釣れるアジの特徴は大型主体!しかも、この時期の大型は真子または白子を持っており、もちろん脂もタップリ。迫力のビッグアジフライが作れるというわけだ。まずは、深い水深を狙っていくという、瀬の海のビシアジ釣りについて紹介していこう。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読