MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

春盛丸に関する記事

表示順:
タックルはイカ専用竿に小型電動リール。電動リールには道糸として、PEラインの4〜5号を300m以上巻いておく。11㎝のプラヅノで組んだブランコ仕掛けとサバが多いときのための直結仕掛けは必須。
更新: 2019-01-08 01:05:33 公開: 2019-01-05 22:00:00
竿は1.5~1.8mほどのヤリイカ専用竿が基本。ヤリイカは繊細な乗りの感触を竿先を見て掛けていくので、先調子で穂先感度が優れたものがいい。アタリを取ってしっかりと竿先を見ることも重要だが、穂先感度がよければ乗りをより確信できるようになる。
更新: 2018-11-26 04:08:59 公開: 2018-11-07 03:00:00
「ここ数年は秋から冬は水温が高すぎるのか、ヤリイカが釣れるような潮じゃないことが多かったですね。今年は潮の流れもいいのか、久しぶりに当たり年と言ってもいい釣れ方をしていますね」とは、長井漆山港「春盛丸」の沼田孝章船長は話す。
更新: 2018-08-21 01:03:21 公開: 2018-08-05 22:00:00
8月中旬ごろ、相模湾の東部、西部ともにヤリイカが開幕した。東部でまとまって釣れだしたのは城ケ島沖〜長井沖。中小型主体に、いい日にはトップ50杯以上を記録することもあった。
更新: 2018-10-09 05:15:31 公開: 2018-07-25 12:00:00
相模湾東部では5月に入るとムギイカが好調に数釣れ出した。いい日にはトップ60杯を超えることも! そして日が経つにつれてスルメサイズもまじるようになってきた。
更新: 2018-06-14 01:02:52 公開: 2018-06-08 03:00:00
夏を代表的するスルメイカ。相模湾では、これから本格シーズンに突入する。6月後半の時点では、相模湾東部では、長井沖がまずまずの好調ぶり。トップ40杯以上を記録する日も珍しくない。釣れているサイズはムギイカを1、2回り大きくしたニセイカサイズが主体となっている。
更新: 2018-06-13 08:10:40 公開: 2018-06-07 11:00:00
浅場のムギイカが好調な相模湾で、スルメイカの状況が上がってきた。ってことで、さっそく関東屈伸のイカ釣り船の基地・三浦半島の西側に位置する長井港へ出陣。様子を伺ってきた。
更新: 2018-06-11 00:59:11 公開: 2018-06-03 22:00:00
今年の相模湾のヤリイカは間違いなく当たり年だ。連日、爆乗りが続いている。
更新: 2018-03-18 10:31:38 公開: 2018-03-06 22:00:00
相模湾から東京湾口エリアのヤリイカが本格的な開幕を迎えるのは、暮れから年明けにかけて、というのがここ数年のパターンになっている。狙う海域の洲崎沖、城ヶ島沖、沖ノ瀬は、いずれも黒潮の影響を受けやすく、厳冬期でも高水温をキープしていることが、ヤリイカシーズンが遅れる理由とも言われている。
更新: 2018-01-14 06:04:01 公開: 2017-12-27 08:00:00
今シーズンの相模湾は昨年同様にスタートが遅く、12月後半でも小型の姿が目立つ。ただでさえアタリの小さいヤリイカなのに、小型が目立つとあれば、かなり繊細な釣りになる。
更新: 2017-12-20 06:47:55 公開: 2017-12-05 08:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読