MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

清貢丸に関する記事

表示順:
イカが高活性のときは、プラヅノ仕掛けがいい。というか、なんでも乗るって感じかな。夜はね。お月さまの明かりの関係でどうしてもムラがある。乗りが渋いときは、エサ巻き餌木の釣りが確実だ。
更新: 2019-01-15 00:49:26 公開: 2019-01-12 22:00:00
近年、タックルの性能は向上し、軟らかいマダイロッドを使ったタックルでも容易にワラサが釣れるようになった。だが、ロッドが軟らかくなった分、コマセワークが肝となるワラサ釣りには、理想のコマセまきができなくなっている、と稲本貢一船長は話す。
更新: 2018-11-07 01:01:54 公開: 2018-10-18 03:00:00
最高級のイカとされている伊豆諸島周辺のアカイカ。大型でしかも身厚。そして、なによりも甘く大変美味。もちろん、伊豆諸島のブランド高級食材として市場に出回っている。そんなアカイカが手軽に釣れるのが、まさにいまだ。
更新: 2018-12-12 05:37:01 公開: 2018-05-18 02:33:00
今回のターゲットは、アカイカと関東圏で呼ばれる大型のケンサキイカ。沖釣り師の間では、マルイカと言った方がなじみが深いと思う。 このアカイカは伊豆七島周辺で釣れ、とてもおいしいイカと言われており、熱烈なファンも多い。
更新: 2018-05-16 00:53:28 公開: 2018-05-11 08:00:00
今期のヤリイカはどの場所も好調で、どこへ出掛けようか悩むウレシイ状況が続いている。そんな中、東伊豆・初島周りの夜釣りでは、そのサイズが大型化。パラソル級の確率がアップしているという。
更新: 2018-02-16 01:52:17 公開: 2018-02-02 23:00:00
東伊豆宇佐美南沖に今期3度目となる大型のアカイカを狙ってひとつスッテ釣法で釣行。船は、度々お世話になっている宇佐美港「清貢丸」。当日のポイントの周辺海域は、黒潮本流の約28〜30度の海流が接近。いよいよ周辺海域も夏到来といったところだろうか。
更新: 2017-12-20 06:47:58 公開: 2017-07-18 08:00:00
宇佐美南沖のアカイカが依然好調をキープしている。4月から開幕した遠征夜アカイカ釣りだが、ゴールデンウイーク以降、連日、数釣りモードの状態が衰えず、7月まで継続する勢いだ。まさに、当たり年といえよう。この最高級のアカイカを釣りたいなら、いまからでも遅くないぞ!
更新: 2018-12-12 04:55:47 公開: 2017-07-07 04:07:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読