MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

だてまき丸に関する記事

だてまき丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
マゴチの仕掛けはハリス5号、1.5m。ハリはマゴチバリ18号。東京湾のマゴチ釣りでは、エビエサの場合、ハリにヒューズ(糸状の細長いオモリ)を巻くのが一般的。しかし、「だてまき丸」ではヒューズを巻かないぞ。
更新: 2019-04-15 12:00:00
竿先に「コン!」とアタリが出る。「食い込め」と念じること30秒あまり。竿先がグーンと入り込んだところで大アワセ。至福の瞬間……。ぎゃあ! すっぽ抜けでガーン……。東京湾のマゴチ釣りにはドラマがある。
更新: 2019-04-11 07:00:00
東京湾のマゴチが元気いっぱい! 連日トップ10本前後、サイズも60㎝オーバーが飛び出すなど絶好調だ。
更新: 2018-07-24 01:06:05
3月ごろに開幕し今シーズンも好調に釣れ続いている東京湾のマゴチ。新子安恵比須橋の「だてまき丸」は、このマゴチを宿の看板とし一年の多くの時間をかけて狙い続けている。 ただ、「照りゴチ釣り」という言葉もある通り、マゴチは本来夏の釣り物とされてきた。今回も夏の釣り物の代表として「だてまき丸」のマゴチを取材した。
更新: 2018-07-24 01:06:01
東京湾、江戸前ターゲットのなかでも、独特の釣趣があるマゴチ釣りが最盛期を迎えた。
更新: 2018-07-18 00:31:33
年々開幕が早まり、最近では春先から乗合船が出船する東京湾のマゴチ。今年も春から好調に釣れているが、本番はこれから。夏こそマゴチの季節だ!
更新: 2018-06-26 01:04:19
3月から開幕した、新子安恵比須橋「だてまき丸」のマゴチ。すでに連日好釣果が記録されており、船中ボウズなし、トップ5本前後という日もあるほどだ。
更新: 2018-04-29 16:34:21
東京湾のマゴチが早くも開幕している。新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月1日からマゴチ船を開始。初日は手探り状態ながらもトップ5本、最大58㎝も飛び出す好スタートを切っている。
更新: 2018-06-21 01:53:40
マゴチというと「夏の釣り」というイメージがあるが、現在はほぼ周年楽しめる釣り物へと変貌を遂げている。
更新: 2018-03-25 19:53:41
新子安恵比須橋「だてまき丸」では、3月3日からマゴチ乗合をスタート。今回、本誌の取材は、その初日に敢行。トップは4本だったが、いきなり初日から62㎝、59㎝、55㎝という大型が取り込まれ盛り上がった。取材後もトップは4、5本をキープ。59㎝や57㎝の大型も取り込まれている。
更新: 2018-06-21 01:52:34

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読