MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

だてまき丸に関する記事

だてまき丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
まだまだギラギラと強い日差しが照りつける東京湾で、照りゴチが絶好調!新子安恵比須橋「だてまき丸」では数釣り&50㎝オーバーの大型も!重量感ある引きを楽しもう!
開幕からスタートダッシュ!新子安恵比須橋「だてまき丸」で、東京湾のマゴチ釣りがヒートアップ中!夏まで続く生きエサ・サイマキでの釣り方を紹介しよう。
横浜新子安「だてまき丸」4月29日~5月10日 Tシャツプレゼントキャンペーン
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
東京湾のシロギスが好調。新子安恵比須橋「だてまき丸」では、連日のように、トップが束超えの釣果が続いている。冬場は、群れが固まり、数釣りのチャンス!これは、行くしかないでしょ!
だてまき丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
マゴチの仕掛けはハリス5号、1.5m。ハリはマゴチバリ18号。東京湾のマゴチ釣りでは、エビエサの場合、ハリにヒューズ(糸状の細長いオモリ)を巻くのが一般的。しかし、「だてまき丸」ではヒューズを巻かないぞ。
竿先に「コン!」とアタリが出る。「食い込め」と念じること30秒あまり。竿先がグーンと入り込んだところで大アワセ。至福の瞬間……。ぎゃあ! すっぽ抜けでガーン……。東京湾のマゴチ釣りにはドラマがある。
東京湾のマゴチが元気いっぱい! 連日トップ10本前後、サイズも60㎝オーバーが飛び出すなど絶好調だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読