MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

太幸丸に関する記事

太幸丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
千葉 飯岡沖ハナダイが好調!もっと人気が出ないのが不思議…手軽だけど、相当奥深い“おめで鯛”はもちろん食べても◎!!LT使用&お手軽で初心者にもオススメ!釣りはかなり奥深くておもしろい!
飯岡沖では春の使者ハナダイが釣れ盛っている!釣り方はコマセを使ったウイリーシャクリ釣り。飯岡港「太幸丸」では定数の50枚を達成する日が続いている!
太幸丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ふわりと竿をシャクって止めた直後、コツンと明確なアタリ。アワセを入れると下へ鋭く突っ込む引きがハナダイの特徴。ハリスは2号、無理をすれば切られる。スリリングなやり取りがコマセシャクリハナダイの醍醐味!
竿はひとつテンヤ用の2.4〜2.7mが扱いやすいだろう。これに小型のスピニングリールを組み合わせる。リールはとにかくドラグ性能がいいものを選ぶこと。大ダイや中ダイが掛かったときは、ラインを出さないと、まず取り込むことはできない。
飯岡名物ともいえるジャンボハナダイ、それが今好調に釣れている。周年ハナダイ乗合を出している飯岡港「太幸丸」では、トップ40枚オーバーの爆発釣果が続いていた。これはチャンス、と急いで車を走らせた。
飯岡沖のヤリイカというと、「いったいどこがポイントなんだろう?」と思う方もいるかもしれない。正確には、片貝海溝と言われる場所がヤリイカのポイントなのである。ここは一気に深みに落ちる海溝で、深場ではアコウなどの深海釣りも楽しめる。そのヘリにこれからの時期ヤリイカが集まってくるのだ。
秋も深まり涼しさが増し、沖釣りには絶好のシーズンを迎えた。この季節、楽しみなのがマダイ釣りだ。飯岡沖では浅場で活発にマダイが食っている。「太幸丸」では、小気味よい引きをダイレクトに味わえるひとつテンヤでマダイを狙っている。愛用のタックルを車に積んで飯岡港へ向かった。
アタリはっきり! 食い込みもいい  飯岡沖のヒラメの釣果がスゴイ。冬より釣りやすい、という声も多い。基本を実行すれば、釣るのはそう難しくない。初心者には、ぜひオススメしたい。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読