MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

仁徳丸に関する記事

仁徳丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
仁徳丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
関東アカムツ釣り先端情報発信地のポジションを確立したとして過言ではない「カンネコ根」。そんなアカムツ釣りに鉄板ギミックでのゼロテン釣法で挑む!的確なタックル&釣法で臨めば連発、二桁釣果も期待大だ!
釣り物が少ない季節の救世主。数釣りよりもサイズ狙い。犬吠埼沖の大オニはルアーでもエサでも有効!ゲストはアラ、メバルなど多彩でお土産十分。夏のオススメターゲットを紹介!
メヌケ仕掛けで高確率に狙うには「仁徳丸」船長お勧めの「夜光ベイト併用」が近道。ただし、カラスザメも多くなる。LTアブラボウズ釣りで絶大な信頼&実績を有する「フジッシャー毛鈎ムツ20号/濃紫」もおすすめ。
深場の激うま魚の冬の人気ターゲット、アカムツとキンメダイ。犬吠埼沖と相模湾はどちらもエントリーしやすいポイント。ここで基本釣法をしっかりと学んで確実釣果を目指そう!
7月から開幕した波崎沖カンネコ根のアカムツ釣り。例年、9月10月がハイシーズン。今期も絶好調だ。
波崎沖から北東へ約9マイルに位置するカンネコ根。南北に広がる泥場まじりの広大な岩礁帯で水深は100m〜150mだ。ここに6月から10月にかけて乗っ込みのアカムツが深場から大挙して回遊してくる。これを狙うので波崎沖のアカムツ釣りは夏〜秋がシーズンなのだ。
今年は6月後半に開幕した波崎沖カンネコ根のアカムツ釣り。その後の様子はというと、日ムラもあるが中小型を中心に五目釣りが楽しめている。
波崎沖のカンネコ根が話題のアカムツのポイントだ。利根川河口から北東へ約10マイル。航程約50分の根だ。この根の水深は110〜150m。産卵のため深場から上がってきたアカムツの群れがターゲット。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読