MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

多希志丸に関する記事

多希志丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
相模湾のアマダイは初秋に開幕し連日安定した釣果を記録している。食うタナと誘いが必ずある!試行錯誤でパターンを見つければウハウハな釣りも夢じゃない!
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
多希志丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
今シーズンの相模湾のマルイカは群れが濃厚で期待できるとの声が多い。「水深が80~100mほどとまだ深いですが、反応は多く、群れを探し回らなくていいので助かりますよ」とは、腰越港「多希志丸」の鈴木船長だ。
最近のアマダイ釣りはライト系のタックルが主流。「ライト」と謳っていなくても、PE2号以下、ゲームロッドの組み合わせが基本となる。竿は1.6~2mほどで、8対2から7対3程度のゲームロッドを使用する。
相模湾のカワハギが、いよいよ好機に突入だ! 9月17日に、腰越港「多希志(たけし)丸」のカワハギ船を取材したが、活性も、そしてキモの状態も、すでに「準備完了!」
関東のマルイカフィールドで今年最も早く開幕した相模湾では、葉山沖や亀城根周辺など湾東部以外でも順調にエリア拡大中だ。3月中旬には湾中央部の茅ヶ崎沖や平塚沖、さらには西部エリアでも釣れはじめ、サイズもよく連日絶好調である。
穂先を「ツツッ」と引き込まれアワセを入れると、これまでのゲストとは明らかに違う引き味。ドラグを締めすぎないよう注意しながら巻き上げると、澄んだ冬の海に泡を吹きながらピンク色の魚体が浮いてきた。
各地でカワハギの好機を迎えているが、ここ相模湾・腰越〜江の島沖も盛期に突入しようとしている。
さあ、カワハギベストシーズン到来! 秋は夏と同様大型が多く、とくに30㎝を超える“デカハギ”を獲るチャンス! そして、今年は各エリアともワッペンの出現も早いようで、すばしっこいワッペンを釣るのは非常にテクニカル。これが最高におもしろい! 秋のカワハギ釣りは「大型狙い」&「テクニカルワッペン」で楽しめ!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読