MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

巳之助丸に関する記事

表示順:
剣崎沖は潮が速いので、タックルはライントラブルなども考慮しLTではなくノーマルで、オモリは80号を使用する。竿はオモリ80号を背負って7対3から8対2調子ぐらいになる専用竿やゲームロッドなど。小型電動リールにPE3号前後。仕掛けはハリス3号前後、全長2~2.5mの2本バリ。ハリはチヌ4号前後が標準だ。
更新: 2018-12-03 01:10:05 公開: 2018-11-17 03:00:00
東京湾口のアマダイのタックルはノーマルタックルで狙うのが基本だ。竿はオモリ80号を背負えて、穂先でアタリの取りやすい、8対2調子から7対3調子のものが扱いやすい。底を取り直して、タナを小まめに調整する必要があるので、あまり軟らかい竿は向かないので注意しよう。長さは一日手持ちでやるので2m前後が扱いやすいだろう。
更新: 2018-10-15 02:08:40 公開: 2018-10-21 22:00:00
9月に入り、これから秋の気配が深まってくる。秋は青物など大型魚が盛り上がる季節であるが、テクニカルで美味なカワハギもおもしろくなる時期。本格シーズンを前に基本をおさらいして、釣行に備えよう!
更新: 2018-09-21 01:00:37 公開: 2018-09-07 03:00:00
どのエリアよりも早く開幕する東京湾口のアマダイ釣り! 今期も8月の終わりから船が出るようになり、滑り出しも好調とのことで、この釣りに詳しい久比里「巳之助丸」へ出撃。様子を伺ってきた。
更新: 2018-08-08 01:02:41 公開: 2018-07-30 09:00:00
久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。
更新: 2018-05-31 00:59:02 公開: 2018-05-25 03:00:00
これから夏場はアタリが多くなるカサゴ。初心者からベテランまで十分に満足できるターゲットだ。
更新: 2018-05-11 08:12:28 公開: 2018-05-05 11:00:00
本格的な春の訪れとともに陸上が暖かくなると、それより少し遅れて海の中も暖かくなってくる。そうなると、俄然おもしろくなるのが東京湾の浅場で釣れる「カサゴ」だ。
更新: 2018-04-01 18:04:34 公開: 2018-03-22 11:00:00
この寒さもあってか、なかなか元気のある釣り物が少ない現在の東京湾にあって、ファンの間で盛り上がっているのがアマダイだ。良型主体にときに50㎝オーバーも。終盤戦ながら依然衰え知らず。そこで、2月8日、久比里「巳之助丸」から狙ってきた。
更新: 2018-03-18 10:31:57 公開: 2018-03-08 22:00:00
今季各地で好調なカワハギ。久比里「巳之助丸」でも冬場に入り釣り場を竹岡から剣崎沖に移し好調を継続中だ。
更新: 2018-02-13 04:17:49 公開: 2018-01-25 23:00:00
「ピュア・フィッシング・ジャパン」から7月に発売された「アブ・ガルシア」ブランド初のエサ釣りロッド「黒船」シリーズ。リーズナブルな価格ながら、竿頭も狙える高性能を実現している。今回は、本誌ライターでカワハギ釣りを得意とする近藤加津哉が、「黒船」のカワハギロッドを東京湾でインプレッション!
更新: 2017-12-20 06:47:58 公開: 2017-07-29 23:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読