MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

タチウオに関する記事

タチウオに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
夏のタチウオシーズンが開幕した。夏には夏の釣り方があるのでその釣り方で楽しむ。小型のエサを追っているのでエサは小さめ。ハリも小さくして、スピーディにシャクって掛けていく。本格的な数釣りはこれから!
更新: 2019-06-25 07:00:00
東京湾の釣りで圧倒的な人気を誇るタチウオとアジ! 釣趣バツグンで、食べればどちらも絶品。単体で狙う船宿が多いが、実は、一度に両方楽しむことができるリレー船もあり、その釣果が上昇ムードとのこと。
更新: 2019-06-12 07:00:00
4月末、富士川沖の早朝タチウオが絶好調で開幕した。連日トップ30本、そして取材前日はなとトップ50本、大半のアングラーが30本と絶好調!! 
更新: 2019-05-30 16:18:32
富士川沖の早朝タチウオジギングが開幕。5月現在ポイントの水深は70〜130mだが、梅雨にかけて濁り水が入ると、タチウオたちは浅場に入って来る。そうなるとトップ50本前後という釣果になり、いよいよ本番を迎える。
更新: 2019-05-21 12:00:00
金沢八景「太田屋」の看板は青物五目で出船を重ねている。乗船前まではサイズが物足りない、という状況だったが、それでも食味は抜群! 取材日の東京湾口のポイント周辺には、平日にも関わらず、数隻のルアー船が集結。人気のほどが伺えた。
更新: 2019-03-29 07:00:00
駿河湾焼津沖のタチウオが終盤戦。サイズも数もとにかく絶好調! 指3〜3.5本あるので刺し身や炙りで食べるにはちょうどいいサイズ。大型となると1㎏を超えで日に何本かまじっていて、数についてはトップ80本を超えるような日もあるんだとか。
更新: 2019-03-15 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
東京湾のタチウオはロングランで続くようになり、春の一時期を除いて、ほぼ周年狙うことが可能で人気の高い釣り物だ。 アタってから、ハリ掛かりさせるまでのプロセスに面白さがあり、ヒットすれば細身の魚体からは想像できないほど強い引きが楽しめる。
更新: 2019-03-02 07:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
アタってからハリ掛かりさせるまでのカケヒキが、何とも楽しいタチウオ釣り。そのタチウオが、東京湾で好調が続いている。冬場のメインポイントの観音崎沖では、良型、大型まじりで楽しめる。釣りごたえも抜群!
更新: 2019-02-01 07:00:00
1 2 3 4 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読