タチウオに関する釣り記事


絶好調タチウオに美味アジ! 贅沢リレーで楽しさ2倍(福よし丸)

絶好調タチウオに美味アジ! 贅沢リレーで楽しさ2倍(福よし丸)

今年の東京湾のタチウオはオススメだ。各船宿の釣果速報を毎日チェックしていると、好釣果がかれこれ一ケ月以上も続いているのだ。


巻きスピードを合わせて数を伸ばせ! 東京湾のタチウオ(こなや丸)

巻きスピードを合わせて数を伸ばせ! 東京湾のタチウオ(こなや丸)

東京湾の人気ルアーターゲット・タチウオが連日好調だ。「このところトップで30本前後、平均でも10本以上という日が続いています。サイズもよく、指3.5本クラスが中心で、4本以上のサイズもよくヒットしています。今日は出ませんでしたが、ドラゴンサイズも連日ヒットしていますよ」とは、千葉・長浦港「こなや丸」進藤通孝船長。


ジギング同船OK! 良型タチウオ絶好調だ! (三喜丸)

ジギング同船OK! 良型タチウオ絶好調だ! (三喜丸)

東京湾の看板ターゲット、タチウオが絶好調だ。近年ロングランの釣りものとして定着しているが、連日、安定釣果が記録されている。


東京湾タチウオ釣りを楽しむ! 仕掛けから釣り方まで(小川丸)

東京湾タチウオ釣りを楽しむ! 仕掛けから釣り方まで(小川丸)

今やほぼ周年狙えるようになっている東京湾のタチウオ。今年は好、不調の波があるが、冬〜早春のシーズン以降もずっと釣れ続いている。そして7月に入ると釣果が上向き、好釣果が連発。釣れるポイントも広範囲にわたっている。7月中旬の時点では、大津沖〜猿島沖、走水沖〜観音崎沖、第二海堡沖、富津沖などで釣れている。


東京湾ではタチウオもアジも絶好調!どちらも狙えるリレー(福よし丸)

東京湾ではタチウオもアジも絶好調!どちらも狙えるリレー(福よし丸)

釣り物の多いこの時期、一日で二度楽しめるリレー船もオススメ。今回、取材したのは鴨居大室港「福よし丸」のタチウオとアジのリレー釣り。今シーズンは6月末にタチウオが釣れ出すと、同時にリレー船をスタートさせた。ここのところ、どちらも連日好調でお土産が高確率だ!


夏場から好調が続いている東京湾のタチウオ釣り!(長谷川丸)

夏場から好調が続いている東京湾のタチウオ釣り!(長谷川丸)

東京湾のタチウオは夏場から好調が続いており、どうやら今年は当たり年のようだ。半日船ではトップ20本前後の日が多く、ときには30本以上のときもある。


ジグヘッド+ワームが◎! エサ釣りも好調! 沼津沖タチウオ(友信丸)

ジグヘッド+ワームが◎! エサ釣りも好調! 沼津沖タチウオ(友信丸)

沼津沖の夜タチウオが開幕した。今シーズンは8月前半にまとまった釣果が記録されたが、サバフグの異常発生により苦戦を強いられる日が続いた。8月後半になって、ようやくサバフグが落ち着き、好釣果が記録されるようになった。


細かい誘いとタナの見極めでタチウオの引きに酔いしれよう(浜新丸)

細かい誘いとタナの見極めでタチウオの引きに酔いしれよう(浜新丸)

タチウオと言えば一日で釣果がコロっと変わる気まぐれ魚の代表格だが、今シーズンは開幕から安定した釣果が続いている。「今年は6月の終わりごろから釣れ出しました。特別すごい釣果が出ているわけではありませんが、好不調の波が少なく狙いやすいですね」と、富津港「浜新丸」の浜名良男船長は言う。


水深が浅く、駆け引きが楽しい! 東京湾のタチウオ釣り(平作丸)

水深が浅く、駆け引きが楽しい! 東京湾のタチウオ釣り(平作丸)

関東地方が観測史上初めて6月中に梅雨明け宣言。梅雨の終焉は夏の始まり。東京湾の夏の釣り物と言えば、ジリジリと照らす日差しにギンギラに輝く刀。「夏のタチウオ=夏タチ」シーズン到来だ!


メーターオーバー連発!穴場ポイントに潜むドラゴンタチウオ(信照丸)

メーターオーバー連発!穴場ポイントに潜むドラゴンタチウオ(信照丸)

外房の大型タチウオが当たり年のようだ。勝浦松部港の「信照丸」では5月の終わりからタチウオ乗合を開始し、良型主体の数釣りが続いている。


トップ40〜50本以上! いよいよ最盛期へ…焼津沖のタチウオ(貴政丸)

トップ40〜50本以上! いよいよ最盛期へ…焼津沖のタチウオ(貴政丸)

例年であれば、エサもルアーもトップ30~40本、ときには50本以上と爆釣で、それでいてサイズもいいので大型クーラーが満タンになってしまう焼津沖のタチウオ。しかし今年は夏の開幕以降、釣果がなかなか安定しなかった。それが8月下旬に来て、ようやく本格化の兆しが見えてきた!


沼津沖の夜タチウオシーズンイン! ゲストも多彩だ(幸松丸)

沼津沖の夜タチウオシーズンイン! ゲストも多彩だ(幸松丸)

「今年はちょっとスタートが遅れた感じ。でも、8月の後半になってからはいい感じで食ってるよ」。今期のタチウオゲーム、そのスタートを振り返るのは静浦港「幸松丸」の松坂孝憲船長。エサはもちろん、ルアーの食いも上がり出した! という情報を得て、16時30分出船の早夜船に乗船した。


深くなってますますテクニカルで面白い! 東京湾タチウオ(小川丸)

深くなってますますテクニカルで面白い! 東京湾タチウオ(小川丸)

今期好調の東京湾のタチウオ。8月中旬頃より釣れる水深が60~80mと深くなったが、それでも半日船でトップ10~30本と釣れている。ただその反面、スソは0だったり、ひと桁前半だったりと、トップと大きく差が開いている。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

夏のまっ盛りに開幕した東京湾のタチウオ、今シーズンも魚影は濃いようで、良い日はトップ30本前後の釣果が聞こえていた。光り輝く銀色の魚体に会いに向かったのは、シーズンを通してタチウオ乗合を出船している金沢漁港の「鴨下丸」。


超人気ルアーターゲット! 美味魚タチウオを釣る!(渡辺釣船店)

超人気ルアーターゲット! 美味魚タチウオを釣る!(渡辺釣船店)

東京湾が誇る人気ルアーターゲット、タチウオ。釣趣の良さと食味を兼ね備え、老若男女、初心者から上級者にいたるまで、幅広い層の釣り人たちから支持されている。


2魚種狙いで釣る! アジ&タチウオリレーが面白い!(福よし丸)

2魚種狙いで釣る! アジ&タチウオリレーが面白い!(福よし丸)

鴨居大室港「福よし丸」では、東京湾の二大人気ターゲットがリレー船で同時に楽しめる。タチウオは活性の高い早朝を狙って、太陽が高くなると名物ブランドアジにリレーする嬉しいシステムだ。


浅ダナでダイレクトに! 夏のタチウオ仕掛け&釣り方(義和丸)

浅ダナでダイレクトに! 夏のタチウオ仕掛け&釣り方(義和丸)

今シーズンの夏タチは6月初旬にスタートとかなり早く釣れだした。その後は多少はムラがあるものの、概ね好調と言えるだろう。


トップ50本は当たり前! ジギングで狙う河口沖のタチウオ(神栄丸)

トップ50本は当たり前! ジギングで狙う河口沖のタチウオ(神栄丸)

「今日はトップ100本を超えましたよ。平均で80本くらいかな。来るなら早いほうがいいですよ」釣況を伺うために電話した相手は、由比港「神栄丸」の石原佑樹船長。数字を示されてあおられては? 黙ってはいられない。明日行きます! と同船取材をお願いした。


神出鬼没で食い逃げする夏タチウオをテクニカルに釣る(長谷川丸)

神出鬼没で食い逃げする夏タチウオをテクニカルに釣る(長谷川丸)

アタリが頻繁に訪れても、なかなか掛からない。あの手この手でなんとか食わそうと努力するからアツくなる!そんなシーンが一日続く夏のタチウオ釣りが、盛り上がっている!!


ランキング


>>総合人気ランキング