MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

とび島丸に関する記事

とび島丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
とび島丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
日帰りの遠征大物&高級五目釣りの聖地 銭洲。いま泳がせ釣りでカンパチが激アツだ。この時期のエサはチビムロと呼ばれる小型のムロアジ。秋の銭洲は大型にも期待が高まる。銭洲の泳がせ釣りはこれからだ!
関東、東海エリアでもイサキはメジャーなターゲットだが、この季節、軍を抜いて安定しておいしいとされているのが、駿河湾の石花海のブランドイサキだ。誘い上げで攻略、多点掛けのテクニックで数を伸ばそう!
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
大物、そして高級魚たちがひしめく船釣りの聖地・銭洲。釣り人なら誰もが一度は訪れたいと思う魚の宝庫に、今期は4月の開幕から良型のカンパチが大回遊! 泳がせ釣りで怒涛のスタートダッシュを決め、その後も好釣果をキープし、ここにきてさらにその勢いをスパークさせているのだ。
4月に解禁した銭洲だが、今年は黒潮が流入しているため、冷水渦の影響はなく、「大物釣り場の聖地」面目躍如の釣れっぷりを見せている。4月から6月はアカイカが産卵のために銭洲周辺に集結。そのイカを捕食しに回遊するカンパチが釣り人たちのターゲット。
駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。
西伊豆のマダイの大場所土肥沖。これまで乗っ込み期には数々の大ダイがキャッチされてきた、コマセマダイ釣り最高峰のフィールドだ。
風光明媚な西伊豆。海岸線まで急斜面の山々が迫り、独特の景観が形成されている。海のなかもその陸地と同じく起伏に富んで荒々しい。そんな場所だからこそ警戒心が強い大ダイが潜むにはもってこいなのだ。
「遠征大物釣り」というと、ヘビーなタックルを用意して、お金も日にちもかけて南方海域の秘境へ…というイメージが強いが、日帰りで手軽に楽しめる遠征大物釣りもある。土肥港「とび島丸」の銭洲遠征だ。夜中の1時頃に出船し、半日たっぷり釣りを楽しんでその日の夕方に帰港。行き帰りはエアコンの効いた船室の清潔な個別ベットでぐっすりだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読