MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

幸栄丸に関する記事

幸栄丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
幸栄丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
常磐エリア鹿島北沖のブランドタコが早くも解禁&絶好調!根掛かり少なく1kg前後良型安定釣果をキープしている。開幕初日に約10人のマダコフリークが集まり、いま流行りの2個餌木仕掛けでマダコを狙った!!
鹿島沖の夜ムラサキイカが爆乗り中!釣り方は、ブランコ仕掛け&メタルスッテ!現在は良型のムラサキイカが大半を占め、トップ200ハイ超えもあるほどだ。シーズン最盛期のこの釣りをぜひ、体感してほしい。
鹿島沖の青物がようやく本格化して来た。まだ日ムラはあるものの、ヒラマサにワラサ・イナダがジギングで好調に釣れているのだ。
年明けに始まった鹿島沖のヤリイカ釣り。高水温の影響でどこのエリアも小ぶりで不調のなか、身厚の大型ばかり釣れることで、一躍鹿島沖が注目されている。ノーマルタックルはオモリ120号。11cmブラヅノサビキで。
「魚はいるんだけどね。魚探の反応もバッチリだし。でも、潮が澄んでいるせいか、食いが渋いんだよね」昨年末の取材日、鹿島港「幸栄丸」でルアー船を担当する荒原康宏船長の、投入開始前の言葉だった。
乗合船でブレイクした餌木タコ釣り。フグ船なのにほぼ全員タコ釣りをしていたというほどのタコの人気ぶりだった。さて、今期はというと、鹿島「幸栄丸」では、われ先にと10月20日に試し釣りを開始。その釣れっぷりに火がつき、連日多くのタコファンが鹿島港へ押し寄せている。
メタルスッテの条件はタナの水深が100m以浅であること。できれば、タナは浅いほどよい。軽いメタルスッテ、極細PE使用のライトタックルだからだ。さらにいうと西日本のデータからは、ケンサキイカにはかなり有効な釣法であることが分かっている。
今年も鹿島にアツい夏を告げる釣りモノがやってきた。汗を流しながらの釣りも夏の釣りだが、夕方からの涼しい風を浴びながら釣るのもこの時期ならではだ。そんなことも楽しめるムギイカ&スルメイカが、鹿島灘に入ってきたのだ。
いまや年間を通じて良型のショウサイフグが楽しめる鹿島沖に、絶好シーズンが到来。30㎝前後の大型がトップで50匹近く。ビギナーでも20〜30匹くらい釣れているのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読