沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

平作丸に関する釣り記事


特徴的な速潮攻略がカギ! 久里浜沖のコマセマダイの釣り方(平作丸)

特徴的な速潮攻略がカギ! 久里浜沖のコマセマダイの釣り方(平作丸)

東京湾口・久里浜沖のマダイが秋の好シーズンに入っている。「マダイはちょっとムラがありますが、釣れる日は数が出ていますね。それに大型もまじっています」と話すのは今回取材した久里浜港「平作丸」の北島秀司船長。


良型ワラサ爆釣継続中! 骨太ファイトを満喫するならイマ!(平作丸)

良型ワラサ爆釣継続中! 骨太ファイトを満喫するならイマ!(平作丸)

8月の中旬からスタートした湾口のワラサが引き続き絶好調! 良型を主体に数釣りが楽しめている。


水深が浅く、駆け引きが楽しい! 東京湾のタチウオ釣り(平作丸)

水深が浅く、駆け引きが楽しい! 東京湾のタチウオ釣り(平作丸)

関東地方が観測史上初めて6月中に梅雨明け宣言。梅雨の終焉は夏の始まり。東京湾の夏の釣り物と言えば、ジリジリと照らす日差しにギンギラに輝く刀。「夏のタチウオ=夏タチ」シーズン到来だ!


エサ釣りタチウオ入門編! 仕掛け&釣り方まで解説(平作丸)

エサ釣りタチウオ入門編! 仕掛け&釣り方まで解説(平作丸)

東京湾のタチウオ釣りは、ライトタックルで狙うのが主流になりつつある。海面下100mを超す深いタナでも、細い道糸と60号前後のオモリを使ってライトタックルで狙う船宿が多くなっている。リールは手巻きの小型両軸か小型電動。道糸はPEラインの2号以下を使用するのが最近の主流。仕掛けはシンプルな1本バリが主流。


初期はタナが浅く手軽に挑戦できる! 東京湾のタチウオ(平作丸)

初期はタナが浅く手軽に挑戦できる! 東京湾のタチウオ(平作丸)

東京湾のタチウオ釣り。エサ釣りも開幕! 取材当日の7月1日は前半こそ苦戦したが、終盤はアタリが途切れない絶好調が沖揚がりまで続く結果となった。


乗っ込みはまだだけど、春マダイは好釣だぞ!【東京湾・久里浜沖】

乗っ込みはまだだけど、春マダイは好釣だぞ!【東京湾・久里浜沖】

そろそろマダイの乗っ込みが気になる時期になってきたが、好調に釣れているエリアがある。その一つが東京湾・久里浜沖だ。


 静かな誘いとコマセワークで大ダイを狙え【東京湾・久里浜沖】

静かな誘いとコマセワークで大ダイを狙え【東京湾・久里浜沖】

久里浜沖のマダイは3月中旬から乗っ込みの気配を見せ始め、後半にはかなりハッキリとした「らしい」釣れ方をしていよいよ本番に突入した模様だ。


タチウオ&アジをリレーで釣る【東京湾・久里浜沖〜観音崎沖〜第二海堡沖】

タチウオ&アジをリレーで釣る【東京湾・久里浜沖〜観音崎沖〜第二海堡沖】

7月中旬すぎ、関東地方が梅雨明けした。暑い日が続くが、東京湾のタチウオがおもしろくなる。今回取材で乗船したのは久里浜港「平作丸」。当宿ではタチウオ専門船のほか、好調なアジとのリレー船もある。リレーで2魚種を狙うもよし、タチウオ専門で狙うもよし! 東京湾はタチウオもアジもオススメだ!


試行錯誤しながらタチウオとの駆け引きを楽しもう【東京湾】

試行錯誤しながらタチウオとの駆け引きを楽しもう【東京湾】

今シーズンは例年になく早く開幕した東京湾のタチウオ。開幕直後はムラがあったが、7月に入ると状況は一転、好釣果を記録する日が続くようになった。ならばだ! 行くしかねぇだろっ!!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読