MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

平作丸に関する記事

平作丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
久里浜沖は剣崎沖に肩を並べる乗っ込みポイント。4月前半時点では、まだ本格化とは言えないが、ポツポツと乗っ込みカラーの黒ずんだ個体がまじっている。シーズンはこれから!爆発的な食いで数釣り&大型を期待だ!
東京湾のタチウオが依然として好調。観音崎沖で連日船団が形成されるが、久里浜港「平作丸」も健闘中だ。エサはサバのタンザク。誘い方ひとつでアタリの数が違うため、テクニカル。ハリ掛かりすれば、細長い魚体からは想像できないほど強烈な引きを見せ、鏡のように輝く魚体が躍り上がる。
東京湾口・久里浜沖のマダイが秋の好シーズンに入っている。「マダイはちょっとムラがありますが、釣れる日は数が出ていますね。それに大型もまじっています」と話すのは今回取材した久里浜港「平作丸」の北島秀司船長。
関東地方が観測史上初めて6月中に梅雨明け宣言。梅雨の終焉は夏の始まり。東京湾の夏の釣り物と言えば、ジリジリと照らす日差しにギンギラに輝く刀。「夏のタチウオ=夏タチ」シーズン到来だ!
東京湾のタチウオ釣りは、ライトタックルで狙うのが主流になりつつある。海面下100mを超す深いタナでも、細い道糸と60号前後のオモリを使ってライトタックルで狙う船宿が多くなっている。リールは手巻きの小型両軸か小型電動。道糸はPEラインの2号以下を使用するのが最近の主流。仕掛けはシンプルな1本バリが主流。
東京湾のタチウオ釣り。エサ釣りも開幕! 取材当日の7月1日は前半こそ苦戦したが、終盤はアタリが途切れない絶好調が沖揚がりまで続く結果となった。
そろそろマダイの乗っ込みが気になる時期になってきたが、好調に釣れているエリアがある。その一つが東京湾・久里浜沖だ。
久里浜沖のマダイは3月中旬から乗っ込みの気配を見せ始め、後半にはかなりハッキリとした「らしい」釣れ方をしていよいよ本番に突入した模様だ。
7月中旬すぎ、関東地方が梅雨明けした。暑い日が続くが、東京湾のタチウオがおもしろくなる。今回取材で乗船したのは久里浜港「平作丸」。当宿ではタチウオ専門船のほか、好調なアジとのリレー船もある。リレーで2魚種を狙うもよし、タチウオ専門で狙うもよし! 東京湾はタチウオもアジもオススメだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読