MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

梅花丸に関する記事

梅花丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
マダイといえば、数枚釣れれば御の字の魚だが、ツ抜けが当たり前、上手な人は30枚以上あげてしまう、という釣れっぷり。この状況を飯岡「梅花丸」梅花亮祐船長に聞くと、「今期はハナダイが調子悪くて。でも代わりにマダイが絶好調。釣れ過ぎぐらいですよ」と、まじめな若船長がニコニコ顔で答えた。
更新: 2018-12-17 01:03:00
「お盆ころから初秋までは、水深10m台でマダイがよく釣れていたのですが、いまは水深30m前後がメインになりました。しかし、水温がまだ20度近くあります。高いですよね。だから、まだまだ、エサ取り魚の活性も高いので、早い手返しが釣果を伸ばすカギになります」と話す、飯岡港「梅花丸」の若船長梅花亮佑さん
更新: 2018-11-13 06:16:01
外房・飯岡沖の一つテンヤマダイが好調だ。アタリが多く、数釣りが楽しめている。トップ2ケタを記録することも珍しくなく、今回取材した飯岡港「梅花丸」ではトップ16枚を記録する日もあった。11月前半の時点でも数釣りが継続している。
更新: 2018-10-26 01:02:19
6月から開幕している外房・飯岡沖のヒラメ。今年は開幕から良型、大型が取り込まれるのが目立っている。今回取材した飯岡港「梅花丸」も開幕から大型をコンスタントに取り込んでいる。開幕初日、二日目と5kgオーバーを取り込み、その後も4kg台の大型を何枚も取り込んでいるのだ。
更新: 2018-08-13 01:09:50
真夏の飯岡沖では、ひとつテンヤマダイがおもしろい。ほぼ周年、数あるポイントのどこかでタイが狙える飯岡沖だが、今は水深10~15m前後の浅場のポイント中心に狙っている。浅場なので底ダチが取りやすく、ビギナーにも釣りやすい時期だ。
更新: 2018-07-12 08:24:45
ほぼ周年ひとつテンヤでマダイが狙える飯岡沖だが、これから夏にかけてはポイントが比較的浅場になり、ビギナーでも底ダチが取りやすく、釣りやすい時期だ。このところ、大ダイはそれほど多くないものの、1~1.5㎏前後の「食べごろ」サイズを主体に、トップ3~6枚前後釣れており、日によっては2ケタ釣果も狙える状況だ。
更新: 2018-06-04 00:58:35
この時期、頭によぎる言葉といえば「乗っ込み」。そんな言葉をつねに意識するシーズンだ。その乗っ込みだが、今年は全体的に少々遅れ気味な気配。しかし、である。いつスイッチが入るか分からない期待感を持てるのもこの時期。今回は、電動タイラバをメインにキャスラバ、テンヤと使い分けて、そろそろ爆発してもおかしくない飯岡沖へ向かった。
更新: 2018-06-01 08:30:19
生きたエビをエサに使い、胴付き仕掛けでハナダイを狙う飯岡港「梅花丸」では、100枚を超す釣果も珍しくないほど好調だ。
更新: 2018-03-25 19:53:33
千葉・飯岡の「梅花丸」では周年テンヤゲームを楽しむことができる。「秋から冬場にかけては台風シーズンが終わって大型が出る時期です。今年はまだなかなかサイズが出ませんが、アタリは増えています」と、梅花亮佑船長は言う。
更新: 2017-12-19 09:35:34
関東各地でのマダイ釣り場は、秋の好シーズンに突入している。外房・飯岡沖のテンヤマダイは、8月中旬ぐらいに大ダイ、中ダイが連発する日が続いた。今回取材した飯岡港「梅花丸」では、4〜5㎏クラスはもちろん、6㎏台、7㎏台の特大サイズも取り込まれていた。
更新: 2017-12-19 09:35:36

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読