MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

寿司に関する

表示順:
ヒガンフグは、フグ目フグ亜目フグ科トラフグ属の魚。日本各地の岩礁または藻場に分布していて、浅海にすむ。甲殻類や軟体動物、海底生物をおもに食べる。市場ではトラフグに次いで値段が高い。
ホシテンスは、スズキ目ベラ科テンス属の魚。サンゴ礁域や岩礁域周辺の砂地に生息。浅い場所にもみられる。
ユカタハタは、スズキ目・スズキ亜目・ハタ科・ユカタハタ属の魚。八丈島、駿河湾以南の太平洋岸、琉球列島。~インド-太平洋。紅海にも分布。
タカノハダイは、スズキ目タカノハダイ科に所属する魚類の一種。南日本の沿岸で普通に観察される海水魚である。
メガネモチノウオは、スズキ目・ベラ科に分類される魚の一種で、ベラ科の魚ではもっとも大きくなる。インド太平洋の熱帯海域に広く分布する大型の海水魚である。ナポレオンフィッシュという別名でも知られる。
チョウセンバカマは、スズキ目チョウセンバカマ科チョウセンバカマ属の魚。分布 千葉県以南の太平洋岸、新潟県以南の日本海岸、奄美大島、東シナ海。~台湾、オーストラリア沿岸に分布。
コガネスズメダイは、コガネスズメダイスズキ目スズメダイ科スズメダイ属の魚。南日本、沖縄。インドネシアに分布。岩礁域やサンゴ礁域などに生息する。
メダイは、スズキ目イボダイ科メダイ属の魚。北海道~九州までの日本各地、まれに沖縄島。朝鮮半島、ハワイ諸島に分布。
カサゴは、カサゴ目フサカサゴ科(あるいはメバル科)に属する魚類の標準和名。 全長30 cm。日本近海を含む太平洋西部の暖海域に分布し、沿岸の岩礁や海中林などに生息する。食用魚としてさまざまな料理に用いられる。
マコガレイは、カレイ目カレイ科に分類される魚の一種。北海道南部から大分県、東シナ海北部、渤海に分布。
1 2 3 4 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読