大松丸に関する釣り記事


まだまだ狙えるイナダ&ワラサ、脂も乗って美味【東京湾口・剣崎沖】

まだまだ狙えるイナダ&ワラサ、脂も乗って美味【東京湾口・剣崎沖】

9月中旬すぎから本格化した剣崎沖のワラサ。10月中旬の取材でも釣れていたが、今回取材した剣崎松輪「大松丸」の鈴木大揮船長によると「11月に入るとワラサは終盤ですかね」と話す。ワラサと並んで釣れていたのがイナダ。こちらはまだまだ続く見込みだ。例年、年末から年明けにかけて数釣りを記録しているので、今後も楽しめそうだ。


剣崎沖のワラサ、ブリ級まじりで本格化!【剣崎沖】

剣崎沖のワラサ、ブリ級まじりで本格化!【剣崎沖】

シーズンは6月後半からスタートした剣崎沖のイナダ&ワラサ。開幕当初から2㎏前後のサイズが多く、好調に釣れ続いてきた。そして10月中旬すぎ、その剣崎沖でブリまじりでワラサ級がまとまって釣れはじめた。


相模湾&駿河湾のキハダ&カツオ開幕!【相模湾&駿河湾】

相模湾&駿河湾のキハダ&カツオ開幕!【相模湾&駿河湾】

8月から相模湾のコマセ釣りによるキハダ&カツオが開幕した。初日は食いが渋かったが、二日目からは好調な食い。20㎏オーバーのキハダも取り込まれている。一方、駿河湾でもカツオ&キハダの群れがいくつも見られており、今後も好釣が期待される。さあ、相模湾と駿河湾の熱いシーズンがやってきたぞ! 


ランキング


>>総合人気ランキング