MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

秀吉丸に関する記事

秀吉丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
葉山あぶずり港「秀吉丸」冬場はリレー釣りがメイン。ヒラメ&アマダイのほか、コマセのタイ五目&アマダイのリレー釣りも出船中で、ターゲットは10目以上!それぞれの仕掛け、釣り方も紹介!
秀吉丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
潮が濁っていればクロムツ、メダイをメイン。コマセ釣りで、付けエサにはオキアミとサバの切り身。他にアジ、シロムツ、スミヤキがまじる。潮が澄んで凪ぎであれば、カイワリ、イサキ、アカイサキ、オキメバルなど。
竿はリレーで使うノーマルのアマダイ用がイシダイには最適(もちろんマダイ用でも問題ない)。仕掛けは、ビシはマダイもイシダイもサニービシLの80号。ハリスは4号6m2本バリ、マダイと同じで大丈夫。
ヒラメとアマダイのタックルは同じでも分けてもどちらでもいいだろう。同じ場合は、1.6~2mほどのゲームロッドに小型電動リールを組み合わせる。竿は共通で使用するなら7対3調子が扱いやすい。
葉山あぶずり港「秀吉丸」は、3隻態勢でキハダ、カツオを狙っている。2隻、3隻で狙う船宿は多いが、それぞれ狙いが微妙に異なってくるのでまずは最初に理解しておこう。今回取材で乗船した栗飯原力太郎船長の「第八秀吉丸」はキハダメインに狙っている。
今回の釣行は葉山あぶずり港「秀吉丸」からのLTヒラメ五目。手軽に生きエサ泳がせ釣りのスリルが味わえ、釣果の方も2㎏アップが顔を出して、いい日はトップ2桁に迫る勢い。運が良ければマハタまで狙えるとあって期待感満杯。鼻息も荒く港へと向かった。
葉山あぶずり港「秀吉丸」のタイ五目&アマダイリレーは、マダイ、イシダイ、アマダイの高級3魚種が狙える。年末年始にあるとウレシイ魚たちがバラエティー豊富に狙える贅沢な釣りだ。
運を試さなくてもバッチリ釣れる! 実質はマダイ五目&アマダイの豪華リレー釣利。おいしい高級魚でクーラー満タン!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読