MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

小川丸に関する

表示順:
「今年は水温が高いこともあって、猿島の浅場で根周りをやってます。ここは型がいいのが特徴です」と「小川丸」のアジ船担当船長。連日クーラーBOXは満タンでイナダやサワラ、クロダイなど外道も楽しみである。
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、オーソドックスなコマセマダイ用があれば楽しめる。竿は80号のビシに対応したコマセマダイ用がオススメ。長さは2.7〜3.3mが扱いやすいだろう。
今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・大津港「小川丸」。今やほぼ周年狙えるようになっている東京湾のタチウオ。今年は好、不調の波があるが、冬〜早春のシーズン以降もずっと釣れ続いている。そして7月に入ると釣果が上向き、好釣果が連発。釣れるポイントも広範囲にわたっている。
今期好調の東京湾のタチウオ。8月中旬頃より釣れる水深が60~80mと深くなったが、それでも半日船でトップ10~30本と釣れている。ただその反面、スソは0だったり、ひと桁前半だったりと、トップと大きく差が開いている。
すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。
午前、午後の二便で出船中の大津「小川丸」のマアジ船は、猿島沖〜観音崎沖を中心に周年を通して楽しめる。この海域のアジは、黄金色に輝き幅が広く脂の乗りも抜群。ブランドアジとして人気が高い。
釣り方カンタン、引きが強いから子供は大喜び。そして何より食べて最高に美味しい!! そんな釣りが、この「トロサバ」だ。大津港「小川丸」では、このトロサバ釣りを午後船で楽しませてくれる。
大津港「小川丸」のビシアジ船は、午前、午後の一日二便出船している。使用ビシ130号のノーマルタックルのビシアジ船ながら、ポイントは港から至近で、釣れる水深も浅く、ビギナーやファミリーでも手軽に楽しめるのだ。
新年のスタートにふさわしいのがマダイ釣り。東京湾口の久里浜沖では12月に入ると安定して好釣果が記録されるようになり、トップ10枚以上の日もあった。
この夏は東京湾のアジが好調だが、7月後半の時点でも依然好調が続いている。 今回取材した大津港「小川丸」は午前、午後の一日2便態勢でアジを狙っているが、半日でトップ50匹を越すことも珍しくなく、トップ70匹台を記録する日もある!また、とにかく美味しいアジなので、釣りの後は友人とアジ料理を楽しんで欲しい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読