MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

第三いしなぎに関する記事

第三いしなぎに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
第三いしなぎの詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
いま、上越沖が熱い!待望のマダイの乗っ込みシーズンが開幕。と同時に夜ヒラメ釣りも絶好調だ。GW頃からマダイが釣れ始め、夜のヒラメも4月中から釣れ出している。24時間フィッシングも可能?!早めの釣行を!!
上越・直江津沖では、ゴールデンウイークからマダイの乗っ込みが本格化した。水深20m台に群れて回遊おり、コマセ釣りでのタナは水深5mなどと浅いのが特徴。さらにヒラメも乗っ込み開始!夜、カカリ釣りで楽しめる。
新潟県上越沖は、マダイとヒラメが乗っ込み本番を迎えている。上越沖はいま、ビックリするような釣果を記録中。さあ、この初夏の新潟の激アツチャンスを逃す手はないぞ!!
上越沖のオキメバルのポイントには1月から、オキメバルの主食であるプランクトン、通称「アミエビ」が大量に湧き、例年5月の連休から「アミエビ」が去り上越沖のオキメバル釣りのシーズンが始まる。
新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。
日本海でも有数のマダイポイント、新潟県上越・直江津沖で今期もマダイの乗っ込みが始まっている。上越エリアには多くのマダイポイントがあるが、そのなかでも直江津沖周辺は、毎年多くのマダイたちが産卵行動のために回遊してくる。水深20〜30mの浅場に集結してくるのが特徴。
今年の上越沖のマダイは、例年とはちょっと様子が違う。2月末よりゴールデンウイークまで名立沖でプレ乗っ込みマダイが釣れ続け、途切れることなく名立沖〜直江津沖の広範囲で本乗っ込みが開始。例年に比べれば、乗っ込みは半月ほど早いという。マダイの乗っ込みと同時期に開幕するのが、直江津沖の夜ヒラメ釣りだ。
上越・直江津沖の初夏の風物詩となっている夜ヒラメ釣り。以前は、集魚灯にあつまるアジを釣って、それを泳がせて乗っ込みの大ビラメを狙っていたが、数年前より、生きた小アジを地元釣具店で事前に購入。それを泳がせて、ヒラメを狙っている。
上越は直江津沖の春のマダイのプレ乗っ込みがいよいよ終盤戦。2月後半から食い始めたが、今期の特徴は掛かればサイズがよいこと。4㎏、5㎏オーバーの大ダイはザラに釣れていた。1〜2㎏サイズが入れ食い、半日で一人20枚以上という年も過去にあったが、今年はサイズがよい分、数より型狙いで多少のバクチ的要素が強いのも事実だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読