MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

里輝丸に関する記事

里輝丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
上越沖の秋ダイがアツい!近年は冬場もよく釣れ、周年マダイ釣りを楽しめる。現在は中ダイ数釣りモードだが、6㎏大ダイも浮上している。今期はまじりで5kgオーバーのヒラマサや7kgのブリもキャッチされている!
里輝丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
新潟県上越沖は、マダイとヒラメが乗っ込み本番を迎えている。上越沖はいま、ビックリするような釣果を記録中。さあ、この初夏の新潟の激アツチャンスを逃す手はないぞ!!
日 本でも有数のマダイポイントとして知られる上越沖。そのなかでも直江津沖はマダイの産卵場としてだけでなく、マダイが周年釣れることでも知られている。近年は水温が高いためか、真冬の厳寒期でもマダイがよく釣れている。トップ20枚釣果は珍しくもない。
上越沖は2月から4月のプレ乗っ込み、5月〜7月の乗っ込みマダイ釣りが有名。真夏の高水温期はひと段落し、9月半ば以降から年末まで秋マダイ釣りが本格化するのが例年のパターン。ところが、今秋は高水温が続いたためか、海のなかの夏は継続。10月までそのような状況だった。つまり、海の秋の到来が約1ヵ月遅れている。
マダイで有名な新潟県上越エリアだが、8月9月の暑い季節は意外と釣り物が少ない。昼間の釣りはとても暑いのでどちらかといえば夜釣りが盛んだ。そんな中、昼の釣り物でオススメなのがキクガレイ釣り。この魚の標準和名はムシガレイだが、なにせよく釣れる。
マダイ釣りのメッカ、上越沖が秋のマダイシーズン真っ盛りだ。現在のポイントは、水深60m前後の人工魚礁周辺。直江津港内で人気 No1の「里輝丸」は、直江津沖をベースに連日、マダイを好調に釣り上げている。
上越界隈のカレイフリークにとっては待ちに待ったシーズン到来だ。狙いはヒラメと見間違う40㎝オーバーの個体。時に50㎝サイズも飛び出す。
2月末に始まった直江津沖のマダイのプレ乗っ込み。爆釣日はあまりなかったが、直江津沖の特徴でもある、一発大物釣りの傾向が4月まで継続中だ。すでに、8㎏9㎏といったモンスターマダイがキャッチされていて、乗っ込み前特有の状況が直江津沖で繰り広げられている。
上越沖は周年をとおして夜釣りが盛んだ。春から初夏は、乗っ込みヒラメ&アジ、初夏はアジ、沖のムギイカ、そして、7月、8月のアカイカ&アジ、お盆以降からは、ワラサ&ブリが年明けまで楽しめる夜釣りの一大フィールドといっても過言ではない。さて、8月のメインメニューは夏の風物詩となっているアカイカだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読