MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

魚磯丸に関する記事

魚磯丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
魚磯丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
沼津沖、湾内のコマセ釣りマダイが高活性。湾内でも超一級ポイントで知られる平根を船宿の目前にする久料「魚磯丸」では、良型マダイをメインに数釣り中。「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
「例年、秋から数釣りが楽しめるエリアなんだけど、今期は数より型の傾向が強いよね。大型のヒットが多く、4〜6㎏の大ダイが頻繁に顔を出して緊張感ある釣りが楽しめているよ」とは、「魚磯丸」の久保田船長だ。
冬場に夜ヤリイカ釣りでにぎわう駿河湾奥部に位置する大瀬崎周辺。産卵のために岸近くの浅場に集結する個体を狙っている。船はアンカーを打ってのカカリ釣りだ。ほぼ、同じポイントでこの夏場に楽しめるのが夜マルイカ釣り。
御前崎エリアに次いで、比較的早くからマダイの乗っ込みがスタートする沼津エリア。今年は3月に入ると、良型マダイがポツポツと取り込まれはじめた。その多くが、お腹に真子や白子を抱えており、乗っ込みの気配が見えていた。
駿河湾奥の沼津沖周辺はヤリイカシーズンまっただなか。日中は大瀬沖、「魚磯丸」に乗船すると久料からは約15分ほどの水深150〜200mで良型ヤリイカが乗る。比較されるのが駿河湾中央部の石花海だが、サイズは引け劣らず大型で10杯も釣れば十分だ。
沼津沖の湾内は、三方を山に囲まれているため、西風以外よっぽどの大シケではないかぎり、波静かなので出船可能だ。沼津久料「魚磯丸」がもっとも得意とするポイントは、沼津湾内でも超一級の実績ポイント、平根。なんとここへは、港を出てから数分で着いてしまうほどの近さ。マダイはもちろん、ワラサ、ヒラマサ、カンパチなどが回遊中だ。
いよいよ秋のマダイシーズン開幕だ! 朝晩とても過ごしやすくなったこの季節、じっくり沖釣りを楽しみたい、そんな願いをかなえてくれるのがここ沼津沖だ。駿河湾最奥部の湾内のため、波静か。しかも、風光明媚。マダイの乗船システムは午前と午後便に分かれており、日ごろ忙しい人でも時間に都合をつけて釣りを楽しむことができるのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読