MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

小柴丸に関する記事

表示順:
東京湾のイシモチは、近場で手軽に数釣りが楽しめ、食べても美味しいターゲットだ。9月の後半になり、水温の低下とともにトップ40~60匹の好釣果が続いている、数ある沖釣りターゲットの中でも安定感は抜群の釣りだ。
更新: 2018-11-12 00:51:47 公開: 2018-10-22 03:00:00
東京湾金沢八景沖のイシモチが秋風とともに急上昇。この釣りを金看板に掲げる金沢八景「小柴丸」では9月に入り本格的に乗合いを開始し、連日トップ50~60匹と絶好調だ。
更新: 2018-08-27 01:04:11 公開: 2018-08-11 22:00:00
小柴のシャコに小柴のアナゴ。釣りをやらない人でも寿司好きテンプラ好きなら聞き馴染みがあるであろう小柴沖は、旨い魚を育む好漁場でここで獲れるマダコも絶品との誉れが高い。毎年7月に解禁となる小柴沖のマダコ、金沢八景の「小柴丸」が乗合を開始したと聞き釣行した。
更新: 2018-08-24 01:08:45 公開: 2018-08-09 03:00:00
金沢八景「小柴丸」の、良型イシモチが好調だ。8月後半は台風の影響をもあったが、それでもトップで20匹前後。それまでは、トップが40匹前後と好釣果で推移していた。海況が整えば、また数が上昇することが見込まれる。
更新: 2018-07-13 07:14:09 公開: 2018-07-24 09:00:00
今シーズンの東京湾はマダコの好況に沸いている。湾奥部では中小型主体の数釣りが続いているが、ここ小柴沖はとにかくでかいのが乗ると評判だ。
更新: 2018-07-04 08:35:42 公開: 2018-06-27 22:00:00
手軽な道具で釣れて、食べても美味しいと人気のイシモチだが、この冬から八景沖で記録的な爆釣が続いている。夏場を除いてほぼ周年イシモチ乗合を出している「小柴丸」では、2月に二束オーバーの釣果が飛び出した。それ以降も衰えることなく釣れ続き、取材日にはなんと267匹!? の船宿記録が出た‼︎
更新: 2018-03-18 10:31:51 公開: 2018-03-09 11:00:00
東京湾のイシモチが、数釣りが楽しめる冬の好シーズンに突入している。「今年はまだ浅い場所で釣れています。数も釣れていますね」と金沢八景「小柴丸」の鈴木仁船長が話していたのは1月中旬の取材時のこと。その翌日からは、水深のある例年厳寒期に実績が高いポイントで好釣果が記録されている。
更新: 2018-02-20 02:53:58 公開: 2018-02-07 23:00:00
東京湾のイシモチは、今や周年狙えるターゲット。夏場は数が落ちていたが、いよいよ秋の数釣りシーズン突入! アタリ多く、ビギナーにもオススメだ。今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「小柴丸」。
更新: 2018-12-12 02:50:29 公開: 2017-09-20 23:00:00
東京湾のイシモチが、30㎝級の大型ぞろいで好調に釣れている。イシモチ釣りを看板にしている金沢八景「小柴丸」は、富津沖中心に狙い、トップ30〜40匹前後の釣果が続く。70匹、80匹の数釣りもある釣り物だけに、30匹だと「少ない」と思う人もいるかもしれないが、型がいいので小型クーラーはすぐに満タンになってしまうほどなのだ。
更新: 2017-12-20 06:47:57 公開: 2017-08-13 08:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読