MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

山下丸に関する記事

山下丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
タックルを簡潔に紹介。竿は長さ1.8m前後の9対1または8対2といった極先調子のカワハギ専用モデルがオススメ。極先調子の竿を使うのは、仕掛けの操作性が良くアタリも分かりやすく、アワセもしっかりときくからだ。リールは小型両軸を。
更新: 2018-10-18 00:53:24
アンダーハンドで軽く投げ、ゆっくりオモリで底を小突くうち、ゴツゴツとアタッた。手応えを味わいながら姿を見せたのは18㎝級のカサゴ君。江戸時代、端午の節句にカサゴの武者煮を作る習慣があったが、メバルが繊細で女性的な魚なら、カサゴは男性的な逞しさがある。
更新: 2018-04-14 07:50:27
徐々に水温が上昇するゴールデンウイークごろから、俄然おもしろくなってくるのが東京湾のカサゴ釣り。水温上昇とともに浅場に上がってくるカサゴは手軽で簡単に釣ることができ、ビギナーにもオススメ。ゴールデンウイークに子供さん連れやビギナーと一緒に釣行を考えている方にはとくにオススメのターゲットだ。
更新: 2018-04-05 23:32:33
根から顔をのぞかせて、ベイトを狙うカサゴ。サバの短冊を竿の操作でイワシに見せかけるように泳がせてコイツに食いつかせる。いきなり食いついてくることもあるが、コツコツと前アタリがあってもなかなかハリに掛からない駆け引きも。やがてハリに掛かり、竿を介して強い手ごたえを感じとった瞬間の達成感がたまらない。
更新: 2018-03-18 10:32:10
東京湾のアマダイが今シーズンも好調に釣れている。アマダイ乗合で出船している久比里「山下丸」では、このところ25~40㎝級をトップ7匹前後上げている。
更新: 2017-12-20 06:47:56
秋です。沖釣りに最高の季節がやって来た! 東京湾口の剣崎沖周辺では、アマダイがトップ5匹前後と好調に釣れている。入門にも最適なアマダイ釣り。さあ、みんなでチャレンジだ!!
更新: 2017-12-20 06:47:57
アマダイというと冬の魚のイメージだが、ここ東京湾口では秋の始まりとともに開幕を迎える。この時期の剣崎周辺は潮が速くなる。その中でどうやってアマダイを食わせるかがおもしろいのだ。この時期は普段竿頭を取るような人がボウズで、初めてやった人が竿頭になることも多い。さぁ、価値ある1匹を手にしよう!
更新: 2018-12-12 07:22:51

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読