MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

弁天屋に関する記事

弁天屋に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
東京湾のタチウオはロングランで続くようになり、春の一時期を除いて、ほぼ周年狙うことが可能で人気の高い釣り物だ。 アタってから、ハリ掛かりさせるまでのプロセスに面白さがあり、ヒットすれば細身の魚体からは想像できないほど強い引きが楽しめる。
更新: 2019-03-02 07:00:00
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00
仕掛けは標準的なビシアジ用でOK。船宿で用意しているのがハリス2号、ムツバリ10号、全長1.8mの2本バリ。1.2〜1.5㎜、長さ20〜30㎝のクッションゴムを介して仕掛けをテンビンにつなぐ。
更新: 2019-01-19 22:00:00
いかにアタリを出させて、食わせるか? そのゲーム性にハマる釣り人が続出している夏場のタチウオが、盛夏を迎え、ますます盛り上がっている。
更新: 2018-07-05 06:20:33
シロギスは、代表的な夏の釣り物だ。夏は浅場で活発にエサを追い、数釣りが楽しめる。そして、今は食べてもおいしい旬の時期。初夏から夏のシロギスは、あっさりした白身にほんのり脂が乗って、とてもおいしくなる。
更新: 2018-06-19 03:59:53
東京湾のマゴチ釣りが本格シーズンを迎えようとしている。夏場のマゴチは「照りゴチ」とも呼ばれ、浅場で活発にエサを追い、アタリが出やすく釣りやすい時期。ここ数年は春先から乗合がスタートし、好釣果を上げることも多いが、本番はこれれからの夏なのだ。
更新: 2018-06-11 00:59:08
シロギスは、これからとくに美味しいシーズンに入る。これは見逃せないと向かったのは金沢八景「弁天屋」さん。取材当日は晴れていて、これぞ釣り日和って感じの穏やかな朝を迎えた。
更新: 2018-05-15 04:13:02
現在、房総から茨城にかけてのテンヤマダイ&タイラバはすでに定番として広く親しまれているが、東京湾ではようやくここ最近に定着してきた感がある。
更新: 2018-06-21 01:54:29
ぽかぽか陽気の日が多くなってきて、沖釣りが気持ちよく楽しめる季節。家族や彼女、友人など、釣りビギナーを連れて釣行する機会もあることだろう。そんなときにオススメなのが、東京湾のLTアジだ。
更新: 2018-03-12 12:11:48
この時期、比較的水温が安定する深場に固まるシロギスは、思った以上にアタリが多く型が良いことからも高い人気を誇る。
更新: 2017-12-28 12:40:20

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読