MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

清勝丸に関する記事

清勝丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
開幕から好調な飯岡沖の夏ビラメが最盛期に突入しヒートアップ!良型率もアップ!素早いエサ付けとアタリの見極めで高活性のヒラメ釣りを満喫しよう!
関東最大のアカムツフィールド!千葉県犬吠埼沖の深場アカムツが絶好調だ。開幕直後の1月から40㎝前後の良型が安定釣果。タナを意識して、大型&数キャッチを目指そう!!
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
清勝丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
飯岡沖でヤリイカが花満開の釣れっぷりだ。例年春の訪れを告げるように回遊してくるのだが、今年はいつもよりやや早目の2月中旬より本格化。3月に入ってからは束釣りの声も珍しくないほどの絶好調さだ。
ひとつテンヤマダイフィールドとして約3年を経過した飯岡沖。この秋はまさに大ブレイクしたと言っても言いすぎではない。これもひとえに飯岡の遊漁船が協力しあって、地道なポイント開拓を行い、ひとつテンヤマダイを継続してきたことが、大原など外房に肩を並べるマダイポイントとして確立した理由だ。
つり丸ちゃんねる
つり丸船宿一覧
メンズジェニー

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸定期購読