MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

村上釣舟店千代吉丸に関する記事

村上釣舟店千代吉丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
アジの夏到来!釣って良し、食べて良しの「旬」のシーズン。パンパンに膨れた体を捌くと中はたっぷりの脂肪!猿島沖の「猿アジ」が最盛期突入だ!
東京湾の新安浦港「村上釣船店」では周年、近場のアジを狙っている。当日は猿島周辺の水深30m前後を狙ったが、コマセが効くとダブルまじりでアジが釣れ盛り、船中がお祭り騒ぎとなった。
村上釣舟店千代吉丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
東京湾でピカイチのうまさを誇る猿島周りのブランドアジ。20~23㎝クラス主体に、30㎝前後の中型、さらに35㎝オーバーの大アジもまじる。タックル、仕掛け、基本の釣り方などを徹底解説!最高の味覚を楽しもう!
旬のアジを釣るのなら、専用竿に 小型電動リールで釣るビシアジ釣り。代表的なポイントが猿島周りで、ほぼ周年アジ釣りができる。40㎝に迫る大型もまじり、美味しい旬のアジが大漁まちがいなしだ!
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
東京湾・猿島沖にアジが入ってきた。ここで釣れるアジは「金アジ」と呼ばれ、黄金色に輝いているのが特徴。栄養豊富な海域で育ったアジは体高があり、脂の乗りも申し分なし。釣り方も簡単!ビギナーにもオススメだ!
新年の竿初めにはアジ船がオススメ!「うちに来てくれたお客さんには、旨い金アジを釣って、食べて、喜んでもらいたいんだよね。だから型よりも金アジにこだわってるんだよ」と話す、「第一千代吉丸」の村上船長。
日本人が大好きで、沖釣り入門にもってこいのアジが猿島沖で絶好調だ!「アジ釣りはヤッパリ、タナ取りとコマセワークですね。ビギナーでも全く問題ありません」とは新安浦港「村上釣舟店」の村上敏宏船長。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読