MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

南伊豆忠兵衛丸に関する記事

表示順:
大物釣りの聖地“銭洲”。数々のドラマを生み出したフィールドだが、これから秋のシーズンに注目したい。
更新: 2018-08-01 00:57:15 公開: 2018-07-25 21:00:00
4月を迎えると、春の訪れとともに釣り人に朗報がもたらされる。銭洲の解禁だ。今年も例年通り、4月1日に禁漁が解かれた。
更新: 2018-04-29 16:34:18 公開: 2018-04-21 21:00:00
伊豆半島の先端、石廊崎から南へ約100㎞、黒潮のど真ん中に突出する絶海の孤島、イナンバ。毎年春、黒潮に乗りここにキハダが回遊してくる。イナンバは、天然のパヤオのようなもの、潮の流れによっては、キハダやカツオの大群がここに居付く。基本的には、この海域は回遊魚にとっては通り道。行ってみなくちゃ、キハダがいるかは分からない。
更新: 2018-04-24 06:06:12 公開: 2018-04-12 03:00:00
関東近県に在住する釣り人たちに春の訪れを実感させる、恒例行事のひとつが銭洲の解禁だ。開幕当初は小型カンパチがメインターゲットになることが多く、結果的にルアーアングラーの釣果がエサのそれを圧倒するのが定番パターン。カンパチに関しては、アカイカの回遊が始まれば形勢逆転ともなるのだが…。
更新: 2018-04-12 01:41:28 公開: 2018-04-03 03:00:00
激うまキンメ、トロキンメなどど称され、抜群のブランド力で人気なのが新島沖のキンメダイ。職漁師はもちろん、エサ釣りで狙う人も多い。そんな新島沖のキンメにキンメに惹き寄せられるかのように、近年、スロー系ジギングで攻める釣り人が急増している。
更新: 2018-02-24 09:05:35 公開: 2018-02-13 23:00:00
「はい、いいよ。落としてー。水深は750m」えっ? と思う人が多いかも知れない。普通、750mもラインを巻いている人はいないだろうから……。
更新: 2018-02-24 09:05:28 公開: 2018-02-13 08:00:00
伊豆半島沖で釣れるキンメダイは、伊豆を代表するブランド魚だ。その価値は年々うなぎのぼり。上質の脂が乗った身を一口でも味わえば、すっかりキンメダイの虜になること間違いなし。さあ、食卓をホットにする赤い魚求めて、海へ出船しよう!!
更新: 2017-12-20 06:47:56 公開: 2017-11-04 02:00:00
キハダ・ワラサ・ヒラマサ・カンパチと晩夏から秋は青物の季節。近年シーズンがロングランで楽しめるムロアジ泳がせカンパチへ行こう!!
更新: 2017-09-15 05:39:57 公開: 2017-08-18 23:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読