MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

早川丸に関する記事

早川丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
更新: 2019-01-17 22:00:00
梅雨も明けて一気に真夏モード全開だ! そんな真夏に釣りたいのはやっぱりスルメイカだ。今シーズンは大型が各地で乗り乗り! 日中釣り、夜釣りとズンズン乗せまくろう!
更新: 2018-06-28 00:59:37
南房のイサキは3月に開幕するが、初期は水温の変化に敏感なため、なかなか安定しない。5月後半になると、水温も上昇しイサキの動きも活発化。それで、安定した釣果をもたらすのだ。
更新: 2018-05-11 08:12:32
3月からスタートし、好調に釣れている南房のイサキ。春のシーズンはまだ水温が低めでシケ後など食い渋るような日も見られたが、水温が上がって安定してくる初夏からはイサキの活性がさらに高まり、安定釣果が望める時期だ。つまり、これからが本番というわけだ。
更新: 2018-05-07 20:33:44
春の訪れとともに、釣果の知らせを聞く「イサキ」。まず南房総で最初の声を聞き、徐々にそのイサキ前線は房総半島に沿って北上していく。本日お邪魔した「早川丸」が宿を構えるのは洲崎栄ノ浦港。房総半島最南端、東京湾の入り口の洲崎灯台の麓に位置し、まさに南房イサキのスタート地点。今年も3月1日に開幕を迎えた。
更新: 2018-04-14 07:50:51
晴れ渡る空、遠くには積乱雲、そして澄んだブルーの潮。そんな季節の船上にはスルメイカの船上干しが良く似合う。いま、房総エリアでは真夏のスルメイカが最盛期を迎えた。今季、好調な大型スルメのズッシリズンズンを存分に味わおう!
更新: 2017-09-15 05:44:39

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読