MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

ひろし丸に関する記事

ひろし丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
東伊豆・富戸港の「ひろし丸」。ターゲットはアカムツかベニアコウの二者択一。大いに悩んだが、最後は「魔性の誘惑」が「宝石の魅力」を上回った。
ひろし丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
今回は東伊豆・富戸沖でキンメとアカムツを狙った。札幌からはるばる来てくれた内山夫妻に、いいお土産を持ち帰らせることができるか!?
初秋の深海釣りで、真っ先に頭に浮かぶのが「深海のルビー」ことアカムツ。北は東北青森から西は四国の高知までの太平洋と日本海。今やほぼ本州全域、津々浦々で「最もメジャーな深海ターゲット」となったこの魚だが、2㎏超の最大級を「狙って釣れる」ポイントはそんなに多くは無いだろう。
「食った!」エキストラと一線を画すシャープなアタリに思わずポンッ! と掌を打つ。着底後ほどなく千尋の海底から届いた「魔性の紅」の微笑にすっかり有頂天だが、好事魔多し。その姿を海面に浮かべるまで決して気の抜けない綱渡りの恋。はやる気持ちを抑えつつ、逢瀬の瞬間を待ちわびる…。
陽が大きく傾き、伊豆の山陰に姿を消そうとする午後5時。船の引き波に紛れて「確信」までには至らなかったアタリに一縷の望みを託したラスイチの巻き上げも残りわずか。残り10mであえて巻き上げを停止すれば、ラインの角度は見る間に浅くなってくる。程なく海面下に見えて来たのは白い影。「ウォォォォー」富戸沖に勝利の雄叫びがひびいた。
この時期、「ひろし丸」での紅い魚は、究極の深海釣り「ベニアコウ」、または大島沖の「キンメ&アコウ」、富戸沖の「オニカサゴ」、そして深海のルビー「アカムツ」と盛り沢山だ。で、今回は…狙うは「アカムツ」の首ひとつっ!!(大仁田厚調)。
海面近くまで続いた派手な抵抗をしのぎ切ると、ラインが前方に走り出す。覗き込む海面下に現れた白っぽい魚影が見る間に金茶色に変わる。「クロムツだーっ!!」。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読