MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

長崎屋に関する記事

長崎屋に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
長崎屋の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスが好釣果を記録。取材日は開始から常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人中、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5m浅場で釣りやすいのが魅力。
女性やファミリーに! 誰でも手軽に楽しめる釣り物の代表的存在のシロギス。本牧沖〜中ノ瀬では、浅場で良型主体の好釣果が期待できる時期に突入した! シマノインストラクター・飯田さんが挑戦!果たして釣果は?
6月から開幕している「長崎屋」のマダコ釣り。開幕から好釣果を記録しその後も好釣果を記録している。取材は開幕初日。コンスタントにアタるマダコを見て長崎船長は「しばらくは楽しめそうですよ」と話した。
東京湾のシーバスが春のベストシーズンに突入! 例年3月頃はトップ100本以上という釣果も記録されるほど。70㎝オーバーはもちろん、80㎝オーバーや90cmも。釣り方はジギング。初心者や女性や子供も手軽に楽しめるので、ルアーの入門にも最適!!
2月から開幕するターゲットといえばメバル! 東京湾では2月からモエビをエサにして狙う「エビメバル」が開幕している。取材は本牧港「長崎屋」で開幕初日に敢行。当日は北風が強いなかでの出船だったが、どのポイントにもメバルの反応がバッチリ!!
「今一つだった昨年に比べると、今年はだいぶ調子がいいですよ。1月中旬になって数も型も出るようになってきました。トップで100本overと食いっぷりの良さを披露してくれたのは、本牧「長崎屋」の長崎船長。
東京湾のマダコは初夏に開幕し、年末までがシーズンだ。本牧「長崎屋」は、途中で中断することなくシーズン中は狙い続ける、マダコにこだわりを持つ船宿だ。「ここ最近は2㎏前後の良型が多いですね。富岡沖はまだ500g前後の小型がいて、これは来年のシーズン初めに大型になって釣れるはずです」と、長崎昭船長は話す。
東京湾のマダコが絶好調だ! 6月下旬の時点で、トップが20杯前後というものすごい釣果が東京湾のあちらこちらで記録されているのだ。
6月に入って東京湾のマダコ釣りが開幕している。今シーズンはまずまずの好調ぶりで、好釣果が目立っている。本牧港「長崎屋」では、6月10日からマダコ船をスタートさせている。開幕初日からトップ8杯とまずまずの好釣果を記録。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読