MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

真成丸に関する記事

真成丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
真成丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
沼津沖は駿河湾の最奥部で起伏が激しく、浅瀬もあり、乗っ込みマダイたちが集結しやすい環境だ。深場と浅場ではマダイの釣り方が異なる。仕掛けと釣り方をマスターして、乗っ込みマダイをキャッチしよう。
駿河湾の最奥部にあたる沼津沖。正面に居座る富士山をメインに3方向を山に囲まれ、春の新緑に包まれた山々と海が見事に調和。その風光明媚な景色を楽しめ、波静かな海上で高出船率で沖釣りが可能だ。
沼津沖の夜タチウオ釣りは、ほぼ周年楽しめることで知られる。アンカーを打ってのカカリ釣りだ。波静かな湾内独特雰囲気のなか、船の灯りで水面近くまで浮いてくるタチウオを狙うのが特徴である。
仕掛けは、オモリ60〜80号、テンビンを介しハリス10号2mの先にタチウオ専フックを装着するといういたってシンプルなもの。タチウオにこだわる、静浦港「真成丸」の高橋判船長は、ハリはハモ16号を使い、数㎝ほどワイヤーを接続。それにハリスをつないでいる。
駿河湾の最奥部の沼津沖はマダイの数は実に豊富だ。マダイの放流事業も行われており、それが成功しているエリアでもある。湾内のため、凪ぎの日が多く、出船率の高さも魅力のひとつだ。しかも、午前と午後の2便制なので、朝イチと夕マヅメのゴールデンタイムを狙えるのもうれしい。
駿河湾最奥部沼津の内浦湾も乗っ込みマダイシーズンに突入中だ。今シーズンは、広範囲にマダイが回遊しているので、各船深場から浅場まで、攻めるポイントはさまざまだ。
駿河湾奥部の千本浜前でタチウオが依然好調に釣れているという。それを確かめに行って来た。
沼津沖のタチウオが11月末ごろからコンスタントに数釣れている。なんといってもここの魅力は、タナが浅いこと。当たりダナは深くても40m。例年、年末頃から地元でジンドウイカといわれるケンサキイカの仔イカが表層付近を群れて泳ぐため、それを捕食するためにタチウオも浮く。水深10m以浅、もしくは水面直下でヒットすることもザラだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読