MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

正一丸に関する記事

表示順:
葉山沖のコマセマダイは、80号のオモリに対応した、標準的なコマセマダイ用タックルがあれば楽しめる。竿は80号のオモリに対応したコマセマダイ用で、長さは2.4〜3.6m。長さは各自の好みで選ぶと良い。
公開: 2018-12-15 03:00:00
竿はマダイ用に小型電動リールを組み合わせた、オーソドックスなコマセマダイ仕様でOKだ。横森船長が推奨する仕掛けはハリス4号、6〜8m。ハリはイセアマの8〜10号。クッションゴムは4号ハリスに適合した太さのもので、長さは1m。この仕掛けなら、大型マダイのほかイナダ、ワラサがヒットしても対応可能だ。
公開: 2018-11-30 22:00:00
最上級と言っても過言ではない食味のアカムツ。グルメな釣り師なら一度は釣りたい、食べたいターゲットだ。
公開: 2018-11-09 22:00:00
「正一丸」での使用オモリは60号。そのため、竿はオモリ60号に対応したものを使う。一番のオススメはヒラメ専用竿。長さは2.4〜3mぐらいが扱いやすいだろう。また近年人気なのがライト用ロッド。ライトタックルでは総じて軽いオモリを使うが、60〜80号のオモリに対応したライト用ロッドもあるので、それがオススメ。
公開: 2018-10-02 03:00:00
葉山芝崎「正一丸」では10月からマダイ五目乗合を開始。スタートからマダイの好釣果が続き、乗船者全員が型を見ることも珍しくない。嬉しいゲストもまじっている。
公開: 2018-09-15 22:00:00
片貝沖のヒラメポイントは8月1日、9月1日の二回の部分解禁を経て、10月1日に全面解禁する。「どのポイントもヒラメの魚影は濃いよ。今日は潮が悪いけれど、これがなおればアタリはもっと多くなると思うよ」と話すのは、8月30日に取材で訪れた片貝旧港「正一丸」の海老原三利船長。
公開: 2018-07-22 21:00:00
4月8日に行われる予定だった、「第14回九十九里漁協春の沖釣り大会」が天候不良のため中止。順延となった4月22日は、天気が良く、ナギにも恵まれ絶好のコンディションのなか開催された。当日は210名の参加者が集まり、14隻に分かれて乗船。対象魚のハナダイ、アジ、イサキ、5匹までの総重量で1位の座を競った。
公開: 2018-05-26 03:00:00
早くも葉山沖のマダコが開幕した! 葉山芝崎「正一丸」では、5月5日からマダコ乗合をスタート。4月後半の試釣ではなんとか数杯釣れるような状況であった。しかし、それから開幕までの間に上向き、開幕初日は1人3〜6杯で最大1.8㎏。二日目は1人2〜9杯で最大1.4㎏まじりの好釣果を記録している。
公開: 2018-05-16 03:00:00
葉山芝崎港「正一丸」では、ここ数年、5月に入るとマダコ乗合をスタートしている。今年はゴールデンウイーク中の5月5日からマダコ乗合を開始予定。それに先立って、4月中旬に試釣をおこなった。
公開: 2018-05-14 04:18:31
ここ数年で相模湾の夏のターゲットとして定着しつつあるマダコ。葉山芝崎「正一丸」は4月にマダコの試し釣りに出船。開始直後からマダコが釣れ、その後もコンスタントにアタリがおとずれ船内にマダコが取り込まれていった。
公開: 2018-04-28 11:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読