MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

洋征丸に関する

表示順:
竿は130号のオモリに対応した、7対3調子の先調子気味で2m前後のもがあればOK。7対3調子のビシアジ用のほか、汎用性の高いゲームロッド、ライト泳がせ用、コマセキハダ用を使う人もいた。
8月の開幕からカツオ絶好調でスタートした相模湾のコマセのキハダ・カツオ釣り。その後徐々にキメジ、キハダも食い出し、9月に入ると20〜30kgクラスのキハダのアタリも増え、現在は大型キハダ、カツオとともに順調な食いを見せている。
8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。
コマセ釣り解禁後、一時食いが悪くなっていたキハダ&カツオ。その理由は、シラスや小さなイワシを捕食していたことが原因だが、ここにきてコマセに馴染み、口を使いだした! ってことで、さっそく取材を敢行。この釣りにアツい情熱を燃やす小坪港「洋征丸」の高木洋征船長の元へ向かった。
相模湾で安定してアジの好釣果が記録されているのが相模湾東部一帯。なかでも城ヶ島沖周辺では連日、トップで40匹台から50匹台の釣果が出ている。
冬場の相模湾において、安定して好釣果が望める釣り物はアジだろう。相模湾のアジは広範囲で狙えるが、とくに好調なのが相模湾東部・城ヶ島沖周辺だ。
この時期、相模湾のビシアジはサイドメニューが豊富。小坪港「洋征丸」では「アジ&マダイ五目」で出船している。このメニューはイワシミンチコマセでアジ、マダイを狙うというもの。アジは一般的なビシアジだが、マダイは通常のビシアジ仕掛けを太くして、サバの切り身エサで狙う。アジのポイントで掛かるマダイはサイズがいいのが特徴だ。
寒いのをガマンして釣りに行くんだから、かなりカタイ釣りで釣り納めにしたい、もしくは初釣りにしたいですよね。でも、少し夢があるって言うか、一発に賭けたい気持ちもあって、結局何を釣りに行こうか迷っちゃう。カタイのを取るか、夢を取るか。そんな欲張りな人にオススメなのが、小坪港「洋征丸」のアジ・マダイ五目だ。
相模湾に、猛暑や酷暑なんてコトバもかすんでしまうほどの熱い季節がやってきた。そう、8月1日にコマセ釣りのカツオ&キハダが開幕したのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読