MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

作栄丸に関する記事

表示順:
勝浦沖のカモシ釣りが今年も好調だ。浜行川港の「作栄丸」では、5月23日にはヒラマサが船中11本、27日には最大8.3㎏を含んで船中9本とヒラマサ主体の釣果が上がっている。同船でマダイ仕掛けで狙った人は3~5㎏のマダイを上げている。
更新: 2018-07-05 07:58:06 公開: 2018-06-29 03:00:00
昨年に続いてカモシ釣りで伺ったのは「作栄丸」。昨年の取材時には10㎏級のヒラマサが三連発という驚愕の釣りを体験した。今年もヒラマサは好調に釣れているとのこと、大型ヒラマサの期待を胸に行川港へと向かった。
更新: 2018-07-02 01:08:25 公開: 2018-06-21 03:00:00
「いい反応が入ってきたよ。竿を振ってみて」、船長のアナウンスが終わらないうちに、ミヨシと胴の間の2人の竿が海面に突き刺さった。竿を伸されないよう、釣り人は懸命に耐える。ヒラマサのファーストランは強烈だ。幾度と繰り返す引き込みを耐えて浮かせたヒラマサは6.3㎏。立派なサイズだ。
更新: 2018-06-11 00:59:18 公開: 2018-06-04 22:00:00
暑い夏が終わると、外房に熱い季節がやってくる。高水温が落ち着くとヒラマサの群れが回遊し、伝統釣法のカモシ釣りの船が活気付く。サンマのミンチで魚を寄せ、遊動式仕掛けで大型魚を仕留めるのがカモシ釣りの特徴。狙いはヒラマサとマダイだ。
更新: 2017-12-20 06:47:57 公開: 2017-08-30 08:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読