MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

増福丸に関する記事

増福丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
増福丸(御前崎)の釣果情報を掲載
増福丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
仕掛けは好みでオーケー。ハリスは6号以上なら市販のものならなんでもよい。 手持ち竿で積極的に攻めるならハリスの全長は2m以内。置き竿でのんびり釣りたいなら2〜3mと少しハリスを長めにとるとよいだろう。
大物狙いの春の乗っ込みに対して、秋は中型までの数釣りのイメージがあるマダイ。確かにどのエリアでもその傾向にあるが、ここ御前崎沖の秋は、数釣りの中に超豪華なゲストがまじって楽しめるので要チェックなのだ。
本格的な夏を前に、関東〜東海の広範囲で好調に釣れているのがイサキだ。この時期のイサキ釣りの特徴は、お腹に真子や白子をたくわえた良型が多いということ。時にはジャンボサイズばかりという日もある。さあ、このハイシーズンを逃さず、ジャンボイサキを釣りまくろう!
乗っ込みマダイの聖地、御前崎沖のオモリ&カド根がハイシーズンに突入! ってことで、4月の中旬、今期の様子を伺うべく「増福丸」へ向かった。
御前崎沖が秋の泳がせシーズンに突入している。例年秋には、この周辺の高根や魚礁周りに、ワラサやカンパチ、ヒラマサなどの青物が回遊。この青物たちの釣り方はさまざまだが、サビキで釣った小アジをエサにした泳がせ釣りがもっともオーソドックスで高確率な釣法だ。
つり丸ちゃんねる
つり丸船宿一覧
メンズジェニー

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸定期購読